立民は全員が事後諸葛亮

政治


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

菅義偉総理がこども庁創設について

「子どもは国の宝でここにもっと力を入れるべきだ。光をあてる政策をきちんとやっていきたい」
「いままで高齢者中心だった。思い切って変えなければダメだと思っていた」

と、4日のテレビ出演時に言及していましたが、

こども庁創設について政府があきらかにすると
立憲民主党がなぜか4月2日の記者会見で
「我々は15年ほど前から訴えていた。」
「今頃何を言っているのか、思いついたような話で具体性を持っていない」
と批判していました。

その後は福山哲郎ら立憲民主党の幹部がこども庁創設を打ち出した政府を
「遅すぎる。我々はずっと以前から主張していた」
と、繰り返し批判しています。

15年前から言っていたのならなんで民主党政権の時に話が全く出なかったんですかね?

いくら偉そうに言ったところで
「民主党政権はなんにもできなかった」
という事実が全てでしょう。

「俺はxxxだと思ってたんだ。やっぱりだったな!」
なんて後から言うような人は結局はなんにもできない人でしかないと思います。

立憲民主党の支持があがらないのは
自分たちは全くできなかったり、やらなかったりしたくせに
必ず後付けでマウントを取ろうとするこういう部分もあるのだと思います。

批判は誰にでもできます。

政治は現実を相手にする仕事で、
様々な話を法案などの形で現実に落とし込む仕事です。
ですから口だけでなにも実現できなかった連中なんて
本当なら恥ずかしいだけなんですよね。

ただし、民主党系の議員達はこのあたりの認識が違います。
自分たちが言及したらもうそれだけで自分たちは仕事をしたという扱いになるのです。
普通の人には理解できないと思いますが・・・。
民主党政権は自分たちで散々アピールしたマニフェストをほぼ実現できずに終わりました。

ですが民主党はそうした批判に対しての反論として
マニフェストの実現度を自己評価したことがあり、
マニフェストはほとんどが実現できたことになっています。
「言及した」「検討した」「検討のための会議を設置した」
これで実現した扱いとしてカウントしたからです。

さて、こども庁設置の意義についてちょっと考えたいです。
反日野党側はその支持層が特に高齢層に偏在していることから
そうした層向けの福祉バラマキばかりを強く主張します。

特に団塊の世代あたりは人口も多く、投票へ行く割合も高いことから
野党に限らず各党がしばらくここをターゲットとして政策を立ててきたと言っていいでしょう。

その結果、若い世代は置き去りにされてきたと言っていいと思います。
その典型例の一つが氷河期世代を作り出して使い捨てにした事でしょう。

「高齢者中心だった事を思い切って変えなければダメ」
という言及は多くの政治家が思っていても言わなかった事だろうと思います。

若い世代を絞り上げた金でもって高齢層を優遇するばかりでは国が滅びます。

未来を作っていくのは高齢者ではなく若い世代ですから
政策を転換していく事はとても重要だと思います。

ただし、それができるかどうかは別。
こども庁を作るとなれば文科省、厚労省、経産省、法務省
それぞれの縦割り行政を整理して
こども庁に権限を持ってくる必要があります。

各省庁とも自分たちの権限を取り上げられる事には抵抗する
というのがあたりまえでやってきましたからこの調整には強い政権が必須となります。

果たして菅義偉内閣でそこができるのか?
それこそ本当に実現させたいのであれば
幹事長の権限を悪用して自分の派閥拡大のために動き回り、
それらが自民党全体の評判を落とす原因となってきた
二階俊博を幹事長から引きずり下ろす事が必要だとブログ主は考えます。

党内で余計な派閥争いを起こしている元凶は間違いなく二階俊博なんですから。

党内が落ち着かない状態でマスゴミと癒着している霞ヶ関の幹部達と
しかも複数の省にわたって対峙していくなんてできませんよ。

さて、総務相の接待問題に話を移します。
週刊誌が菅義偉総理を攻撃するために出してきた総務相の接待問題でしたが、
よせばいいのにマスゴミが一斉にこれに乗っかって攻撃。
立憲民主党もこれに便乗。

当初、総務省は内閣に対して接待は東北新社だけとしかやっていないかのような調査報告を提出。

しかしながら国会では足立康史議員がNHKや民放キー局とやっていないはずがないと指摘、
案の定すぐにNHKやNTTなど総務省の裁量行政が幅を利かせる電波利権に絡む最大手の名前が出てきて
特にNHKについては総務省幹部が接待を受けたと白状した分については
NHK側も接待を行っていた事を認めました。

NHKが認めただけで12人、1年間で1200万円という接待費が使われていることが判明しました。
東北新社の数万とかいう話とは金額が違いました。

NHKの接待の話に注目されてしまうと
マスゴミ各社が「波取り記者」という
総務省幹部を接待する専門の人員を配置している話まで飛び火しかねず、
これが注目されてしまうと、
NHKと民放キー局と総務省幹部のぶっとい癒着関係、電波の独占、私物化についての話になりかねない。

というリスクがあるでしょう。

かつて大蔵省の担当者を接待するために各社がMOF担と呼ばれる
接待専門の要員を配置して、
大蔵省幹部にバンバン接待を行っていて、
それが問題になってノーパンしゃぶしゃぶなんてものも世間に知られたと思います。

あれが原因となって省庁再編では金融庁が大蔵省から切り離されたわけです。

マスゴミにとって新聞にしてもテレビにしても新規参入は絶対にさせない、
既存の特権で固められて守られてきた独占的利権を守る。

このためにも各社は総務省幹部を接待し、
天下りを受け入れたりという関係を続けてきたのだと思います。

総務省側も天下りという利権を守るために
これまで新聞やテレビが深刻な捏造問題を繰り返しても
世論が大きく騒いだ時にせいぜい口頭注意するくらいで
実質なんの処罰もしないでやってきました。

話を戻しましょう。

マスゴミと総務省幹部との何十年と続けられてきた癒着関係についての話になると都合が悪い。

だからこそ総務省は総務大臣にすら
東北新社としか接待をしていないかのような報告書を出し、
マスゴミ側もそれでしらばっくれて自分たちの方がよほど派手に接待をしている現状を隠したまま
菅義偉総理を攻撃できると考えたのでしょう。

しかしながら処分された総務省幹部の一人がNHKとの接待を白状してしまったことで
(そりゃ自分の出世が絶たれたわけですからバラしちゃう人も出ますよね)
自体が変わり始めたわけです。

そこで再び東北新社の話に戻そうと考えたのでしょう。

今度は「東北新社は外資規制違反状態だった」という話を始めたわけです。
小西洋之議員がこれを使って東北新社の事を騒ぎ立てたところ、
総務省としては新参でNHKや民放キー局と比べて関係の小さい東北新社などどうでもいいと考えたのでしょう。

すぐに総務省は東北新社の持っていたチャンネルの認可を取り消す事を決定しました。

しかしながら外資規制違反の話では、
フジテレビや日本テレビが20%越えてるじゃねーか、
議決権だけ認めなければ影響を受けないからノーカンとかおかしいだろ。
という指摘が以前からありました。

案の定そこに飛び火。

そしてフジテレビが実は過去に2年間以上も外資規制違反状態を続け、
そのことを隠蔽していたのみならず
総務省に報告して内々で問題化しないでもらってきていたことが判明してしまいました。

ところが総務省幹部はNHK+民放キー局と維持してきた
電波利権をなんとしても守りたいからか、
「違法状態だったけど今はセーフだからセーフ」
という無茶苦茶な判断によってフジ・メディア・ホールディングスに対して一切の処罰なしとしました。

当然、世論がこれで納得するはずがありません。

そこでこんな記事。

【武田総務相、放送法改正も視野 違反公表見送り「認識甘かった」】
 武田良太総務相は13日の衆院総務委員会で、フジ・メディア・ホールディングス(HD)の外資規制違反を受け「規制を抜本的に見直す。放送法の改正も視野に検討するよう指示した」と述べた。総務省の吉田博史情報流通行政局長は、同社から違反の報告を受けた2014年当時の対応について「公表することが適切だった。担当者の認識が甘かった」と不備を認めた。

 委員会にはフジ・メディアHDの金光修社長が出席。「多くの方にご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。違反を認識したのは総務省に報告する約1カ月前の14年10月末から11月初めだったことを明らかにした。
(2021/4/13 共同通信)

大臣が放送法改正の検討というところに手を付けました。

私達有権者が声を挙げるのなら今でしょう。
世論が政府の後押しになります。

・(LINE盗聴でおなじみの)センテンススプリングが菅義偉総理を引きずり下ろそうと東北新社と総務省の接待を記事にする

  ↓

・マスゴミ各社が一斉にこれに乗っかって東北新社と総務相の接待の話を
「菅総理への忖度がー」
と、モリカケで無理矢理安倍前総理を攻撃したときと同じ手口に走る。

  ↓

・テレビと週刊誌が国会質問の情報源である立憲民主党がこれに全力で乗っかる

  ↓

・総務省は接待は東北新社とだけ行ったと思わせようとする報告書を大臣に提出

  ↓

・大臣により総務省の幹部達がまとめて処分される

  ↓

・まとめて処分され出世の道が絶たれたせいか、NHKやNTTからも接待を受けていた事を処分された幹部が明らかにする。

  ↓

・国会でも総務省側はNHKや民放キー局など他社との接待はないかのように答弁していたのが一気に崩れる

  ↓

・NHKが渋々認めた分だけでも一人あたり100万円以上も年間の接待費として支出していた事が判明。

  ↓

・マスゴミと立民、話を東北新社の話に戻そうと外資規制の話にシフト
(隣の半島とサヨクさんお得意の論点ずらし)

  ↓

・総務省はすぐに東北新社の認可取り消しを決定

  ↓

・実はフジテレビは2年以上も外資規制違反状態でした。
 さらに違反状態を隠蔽しつつ総務省幹部に報告して黙っていてもらっていました。

  ↓

・総務省は「その後状態が改善されてたからセーフ!」という無茶苦茶な理由でフジメディアHDを処分しない事を決定。

  ↓

・武田総務大臣「放送法改正も視野に抜本的改正を検討」 ←今ココ

菅義偉総理を引きずり下ろそうとしてマスゴミが騒いだ結果、
放送法改正のきっかけまで作ったのがマスゴミとマスゴミを応援団として
やりたい放題してきた立憲民主党だと言っていいのだろうと思います。

ただでさえ国民には反マスゴミ感情が広がり始めているという現状がありますから、
放送法改正に出やすい空気ができあがりつつあると思います。

総務省幹部の接待の話を騒ぎ始めたところで
ネットではやぶ蛇になるぞと指摘している人達もいたわけですが、
そんなことは無視してこれまでもうまくいってきたからと突撃したのでしょう。

電波行政について認可、監督、処分にいたるまで全ての裁量を総務省幹部が握っている、
というところに問題の根っこがあります。

総務省がこれまでマスゴミと癒着してやりたい放題やってきたことが明らかになったわけで、
一切の新規参入も認めず、極端に安い電波利用料だけで利益を得てきたと考えれば
総務省幹部とマスゴミの癒着によって国民は何十年も不利益を受けてきたわけです。

放送法を改正してこうした汚職ができないようにしなければ問題はまた繰り返されるでしょう。

この記事のURL:https://pachitou.com/?p=2681

コメント

  1. >強い政権が必須となります。
    果たして菅義偉内閣でそこができるのか?
    それこそ本当に実現させたいのであれば(中略)
    二階俊博を幹事長から引きずり下ろす事が必要だとブログ主は考えます。

     今年、衆議院の解散と、自民党総裁選があるので、自民党内の政局の動きははこれからどんどん激しくなっていくのでしょうね。
     
     二階が日本のガンなのは当たり前として、菅総理がどうしたいのかが肝だとおもいます。
    味方にしておくのか、敵としてつぶすのか、時間も限られているので決断も難しいですね。
    私は、もうすぐ自然にくたばるのではないか? ごっそり二階派をGET! なんて妄想しています。

     あとは、キングメーカーとは言いませんが、前総理の動きがどうなるのかも注目しています。(ブログ主様のいうように、主要ポストについて前面にでてくるのでしょうか?)

  2. 放送法改正。何としても成立させてもらいましょう。明るい未来が待っています。

  3. 放送法改正、
    なーんて事を言いつつ、具体的に話が進むまで10年かかったりして…。
    しかも、改正したって大して変わらない点だけだったりしてね。

  4. 「他人の目の埃を取らせて下さいという前に、自分の目の中の梁を取り除くべきだ」という言葉が聖書の中の有ります。
    「民主党は酷かった」と言われると「我々は立件だ」と言う人々が、子供庁になると「我々は15年前から言っていた」。この場合の我々は何を指すのか、さっぱり分かりません…(^_^;)

    • 中の→中に でした。

  5. この件、飯島勲氏とブログ主が問題の根っこは総務省局長が強大な権限持ってやりたい放題であるとおっしゃってました。

  6. 何でも知ってる民主党系の皆様ですが、
    なぜ、民主党政権当時 

    「外国人だと知らなかった。」
    「献金受けてたと知らなかった。」

    あの方とあの方ですが、どうして
    この事は、知らなかったんですかね。
    一人の方はさらに

    「暴力団関係者だと知らなかった。」

    何でも知ってるのに、おかしいですねw
    あとテレビので、外資20%ってのも
    昭和33年に、アメリカがやってたから真似して
    くらいの理由みたいなので、今後改正すべきでしょうね。

    主様、本日も勉強させていただきありがとうございました。
    NHK会長、お詫びも言えない所をみると、
    野党の皆様と、同じ匂いがする。
    余談、やっと真山仁「ロッキード」読み終わった。
    分厚いので、ウトウトして膝から何度落として
    足を痛くしたかw読みごたえあったからいいか。

    菅総理の本、前に読んだけど外交経験は無いけど
    意外と外国に色々行ってるんだね。
    総理として初外遊、成果が出るといいね。
    そういえば、総理の外遊を遊びに行くと
    思ってた恥ずかしい議員の先生いたなあw

  7. >立民は全員が事後諸葛亮
    う~む…(・∀・)ニヤニヤ…

    >「子どもは国の宝でここにもっと力を入れるべきだ。光をあてる政策をきちんとやっていきたい」
    おそらく…菅首相自身は本気だろうと思います。が…

    報道など周りの状況はいつも通りにクソな状態だろうと見受けられます。
    報道を見ていて感じるのは、政権のあしを引っ張るように「ご説明」というレクチャーが厚労省や文科省のクソ役人からあったのではないかと思います。…いや、財務省かな?

    これに関わり事に当たる方々が、心から「子どもは国の宝でここにもっと力を入れるべきだ。光をあてる政策をきちんとやっていきたい」と言えるくらい本気で取り組んでもらいたいと思いますね。

    >批判は誰にでもできます。
    ブログ主が時たま…
    「今やろうと思っていたのに!もうタメぽ!」みたいな子供の例えを書かれていますが…

    クズ野党やアカとその系統がそのまんまだな!といつも思います。
    そして共産党に近ければ近いほどそうだな!と・・・・
    子供のまま年だけ食った碌で無しということだろうと思いますが…いい年こいてくぇrty…○○○○○○あばばば…ばいいと思いますよ。だって、クソガキ程度が経済だの安保だの教育だののたまったところで、人災しかないですからね!

    >二階俊博を幹事長から引きずり下ろす事が必要
    う~む…先日のブログ主の記事にあった安倍晋三幹事長が頭から離れません。(笑)

    >天下りという利権
    例えば…金髪の豚野郎と呼ばれる事があるらしい津田大輔が早稲田大学文学学術院教授になったりしてますが…文科省が噛んでいるだろうことは想像に難くありません。あんな金髪の野郎でも文科省の役人には気に入られているということなのだろうと思いますが…クソ役人の程度がよくわかる現象ではないでしょうか???あんな金髪の野郎の言動はアカのクズ共に共通するふるまいですが、文科省の役人の価値観が同程度という事なのでしょう。それに、天下り利権のせいで大学の学費が跳ね上がりました。その金が津田大輔みたいなのに払われるんだからね!許せないよね!(#゚Д゚)ゴルァ!!

    >大臣が放送法改正の検討というところに手を付け
    長い目で見れば切っ掛けを作ったという意味でよい結果になってほしいと思いますね。
    確かなことは、何もせずに評論しているよりは100万倍まし!ということだろうと思います。今後の行方は日本人全体にかかっているのだろうと思います。

    さて、コメにも既出ですが…
    トリチウムの件でロシアも東西南北朝鮮に追従したようです。(笑)
    やっぱりな!という感がパネェ!(笑)
    ロシア人は個人的に話した感じでは総じていい人なんだけど、国としての根底はあまり変わっていないよね!
    https://twitter.com/RusEmbassyJ/status/1382285653228986374
    お前ら海に廃棄原潜捨ててなかったか?
    やんのか?あん?(笑笑笑)
    やっぱりこの数十年の流れの影響は色濃く残っているようですね…
    モスクワオリンピックの再来かもね!?
    モスクワオリンピックが1980…ソ連崩壊が1991…
    ほぉ~ん…今日はこの妄想で一杯夕飯だニャー!
    ぱよぱよち~ん!

  8. いつの時代もちょんころは嘘つきと自分たちの手柄にしたい病気の塊ですから。

  9. 放送法改正
    もう野盗が反対してますよw
    こういう反応だけは素早いなー(棒)

    子供庁
    立件、やろうと思ってて、今だに高齢者老害しか支持されてなくて草。
    「ワカモノ」という名の「馬鹿者」志位るずからも見放されつつあるしw

    やるやる詐欺で思い出したのが「チャーハン理論」。
    やはりアッチ系の血筋か、性格が同じ。

    マスゴミは「ゴミ」ですが、「マス」ですので
    一朝一夕には是正できませんね。
    長期政権か、キチンと意思統一して継続されないと絶対無理だと思います。
    それこそ放射能除染とどちらが先に解決できるかのレベルでしょうね。
    汚鮮度は何ベクレルか?
    安田ウマルの尻より汚い?

  10. 詳述していただき、経過がよくわかりました。
    ありがとうございました。

  11. 茶請け様、最新記事ご更新ありがとうございます☆

    茶請け様のブログ&ツイッターは面白い!本当に面白い!!✨
    ニャンコは可愛い!本当に可愛い!♡(笑)
    昨日記事も、ネタ満載で内容盛りだくさんの有難い記事で☆(*^^*)
    受講後の感想文、長くなったら2つに分けてますが、2つで追いつくかな?(^^;

    >事後諸葛亮
    「世の中には事が起こった後になって知識をひけらかし、『こうすればよかっただろう』と策を示してくる人がいる。このような人物を指して、諸葛亮の名前を使って『事後諸葛亮』と呼ぶ」
    この言葉、知らなかったです(@_@)

    >(LINE盗聴でおなじみの)センテンススプリング
    ・・・ん?たしかベッキーのセリフにあったぞ?…なるほど!「文春」を無理矢理に直訳したものなんですね(^◇^;)(笑)

    面白い企画!!
    (=^x^=)茶請け様ツイートより:
    https://mobile.twitter.com/ttensan2nd/status/1382233905059622914
    >この人(or団体等)が解説すると説得力が無い組み合わせ募集
    >REN4が人に教えられるのは国籍偽装と旦那イジメあたり?
    wwwwww(≧∀≦)爆笑!!!
    仰る通り、レンポーが教えられるのはこれくらいですね★(大笑)

    私も考えてみました!♪( ´▽`)

    ★立憲民主党の「まっとうな政治」
    ★中国共産党の世界平和
    ★福島瑞穂の少子化対策
    ★有田芳生の日本人拉致
    ★日本マスゴミのジャーナリズム精神
    ★「礼儀の正しさで韓国の右に出る民族はいないわ」のオバハン
    https://m.youtube.com/watch?v=B5z4ge-_OFA (0:06)

  12. テレビも新聞も、反日ワッショイで浮かれていたら、お客さんが見当たらなくなってきた模様。
    中身の薄い切り口と、目先ばかりの喚き散らしは日本人には届かなかったのでござる。
    未来を担う多くの若者が相手にしない、反日界隈の三文芝居に何の価値が。

    何処かの知らないオジサン達の懐を潤すダケの為に、世界の中での日本の信用を貶める事に価値があると感じる日本人は どれほど居るのでしょう。
    反日の全体主義国と 属国が大好きな、コトナカレ主義のお花畑さん達を遊ばせるために、日本人がこれ以上犠牲にされるようなフザケタ世の中は終わらせるべきかと。

    そして此の所、テレビと新聞が一般に置いてけぼりにされてきたようにも感じます。
    もう、見渡しても気付かないほどのガラクタみたいです。ガチャガチャ五月蝿いですケド。
    しかし折角の公共の電波と新聞媒体。
    仰る通り、これをキチンと機能させるために、
    放送法改定から始めなくてはならないと思います。
    時代がミエル有能な人達が中にいらっしゃるとすれば、その経験とスキルで力になってくれるでしょうし。

  13. >事後諸葛亮
    英語には “Monday morning quarterback” てな表現がありますね。

    例のフジテレビに対する裁量について、こんな見方をなされてる方がいらっしゃいます。

    tps://ameblo.jp/charocharo01/entry-12668038177.html?frm=theme

  14. 省庁については、いまだに国益よりも省益優先だとしているのがやばいと思います。漸増主義の弊害と言うべきか…
    各省の省益が市場調整メカニズムのような形で国益になる、とかいう考えは時代遅れにしか見えません。

    自分たちの省のことしか考えられない方々が、グローバル化だ何だと言っているのは何のギャグだと思ってしまいます。

  15. >「違法状態だったけど今はセーフだからセーフ」ここなんですけど、(今の政府だからセーフ)じゃないでしょうね、民主党じゃないんだから。

  16. 話がずれて見えるかもしれませんが。
    1)生活保護を受給している高齢者が増加
    2)空き家率は地方を中心に増加
    3)1人暮らしの高齢者も増加
    以上によりお金のない孤独な高齢者が増加しており、生活保護受給の助言などをして共産党などは高齢層でしぶとく票田を作ったりしています。
    アメリカではまず共和党と民主党どちらなのかから政治支持は始まりますが、日本では自民党なのか立憲民主党(一応野党第一党なので)ではないわけです。2大政党制は日本には根付かなかったことが結論です。
    自民党内のどの派閥なのか。ここに本来日本人は政策を通じて考えなければならないと思います。左派政党が減ったとはいえまだあれだけ国会をのさばっていたら、とりあえず自民党という団体に所属してそれらよりはましな体制を担保する。もし左派が社民党の如く激減すれば、自民党内の派閥はそれぞれを党として(選挙区の関係ですぐには無理でも)見ていくことが日本の政治を直視できるでしょう。今は菅政権を存続させたければ二階派閥でも当選させねければならない。
    長文すみませんが上記の本題は高齢者を主に見て政治をする事をやめなければならないことです。
    高齢者の幸福度が低ければ現政府に不満を持つでしょう。例え妥当な政策でも。回りくどい表現で申し訳ないですが、上記1)、3)を改善していく事をしなければ、未来を見据えた政治判断の大きな支障になっているということです。
    こども庁もいいですが、先進国で高齢化の先頭を走る日本はそこの問題点に着手して並行して議論すべき政策とは何かを直視できる環境を作っていかなければならないと思います。
    個人的には地方都市においては市街地に医療施設と高齢者用住宅の複合施設を作ることなどが望ましいと考えています。郊外に作ると姥捨山などと揶揄されませんから。
    うーん。時間かかるなあ。そう考えると日本の敵は多いなあ笑

タイトルとURLをコピーしました