風評被害を広げ続ける嘘つきどもを許すな

政治


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

連日取り上げていますが、今日も小西洋之から。

2021年3月12日 小西洋之「何が通告だよ!」

武田大臣「委員、正確さを極める為に通告してくださいよ小西委員、委員、委員、委員、小西委員。通告はちゃんとしてください!」

小西洋之「何が通告だよ!!何が通告だよ!」
森ゆうこ「何が通告ですか!!(大臣を繰り返し指さししながら)あなたがねぇ!ギャーギャー!!!」

本当に驚くほど下品でお話になりません。
ルールをまともに守らないのが立憲民主党ですが、
特に小西洋之や森ゆうこのこの件での逆ギレはあり得ません。

自分の都合でルールなんていくらでも破る
という立憲民主党が民主党政権時代に取っていた姿勢を改めて見せつけているのですから。

小西洋之や森ゆうこに投票した人達はマリアナ海溝よりも深く深く反省してほしいです。
立法府にもっともふさわしくない手合いを選んで国会に送りこんだのですから。

こんなのに6年間も無駄に税金から歳費が支払われ、
国会の時間を無駄遣いされ、
野党合同ヒアリングで毎日のように官僚がパワハラを繰り返されながら職務の邪魔をされるのです。

そういやテレビでFukushima50がやっていたらしいですね。

菅直人一味がいまでも嘘をばらまき続けているのであらためて
この記事を紹介しておきます。

【菅直人氏の敗訴確定、安倍晋三首相メルマガ訴訟 「菅氏に猛省求めたい」】
 民進党の菅直人元首相が、東京電力福島第1原発事故への対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンでうそを書かれ名誉を傷つけられたとして、損害賠償などを求めた訴訟は、菅氏の敗訴が確定した。最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)が21日付で、菅氏の上告を退ける決定をした。
 確定判決によると、2011年5月、野党議員だった安倍氏は「菅総理が東電に海水注入をやめさせていながら『海水注入は菅総理の英断』とのうそを側近が新聞、テレビにばらまいた」との記事を掲載した。
 一審東京地裁判決は、記事の重要部分を真実と認めて菅氏の請求を棄却。二審東京高裁も支持した。
 菅氏は「残念な結果だ」とし、安倍氏は「私をおとしめようとした訴訟で、菅氏に猛省を求めたい」とのコメントを出した。
(2017/2/22 産経新聞)

冷却のための海水注入については廃炉を気にして菅直人がやめさせる指示を出していました。
当時、吉田昌郎所長はこの指示を無視して海水注入による冷却を実行しました。

ところが、菅直人一味と朝日新聞や日本テレビなどは
菅直人を守るために菅直人が海水注入の大英断を行ったからこそ
事態がギリギリのところでなんとかなったという話にしました。

福山哲郎ら当時の菅直人側近が嘘をメディアにばら撒いていたと、
そういうところも含めて安倍総理は書いたわけですが、
それを菅直人は安倍晋三によるデマだ!として名誉毀損訴訟をおこしたものの
「主要な部分で真実性の証明がある」として
安倍晋三のメールマガジンでの記述を支持、菅直人の全面敗北だったわけです。

要するに当時マスゴミが垂れ流していた話や、
菅直人の英断などという嘘を書いていた朝日新聞の「プロメテウスの罠」も
やっぱりデマだったと裏付けられたわけです。

それでもいまだに菅直人やその側近だった福山哲郎などは
菅直人の英断によって事態が最悪に至らずに済んだだの
作業員らの勝手な撤退を阻止しただのと相変わらず嘘をやめません。

この件でプロメテウスの罠という偽書を
いまだに事実ということにし続けている嘘つき朝日新聞社についても触れておきましょう。

朝日新聞は吉田昌郎所長の調書が非公開となっているのを良いことに
吉田調書を独自に入手したと大々的にアピールし、
朝日新聞の紙面で
「吉田所長の命令に違反して職員達が原発から逃げ出していた」
というデマを垂れ流しました。
(これは先述の菅直人や福山哲郎らが垂れ流し続けている嘘に沿っていて菅直人やプロメテウスの罠の嘘を補強する内容)

そしてすぐさま朝日新聞社内に東京支局があるニューヨークタイムスや
朝日と提携している海外の新聞社などが
朝日の記事を引用するという形で
「パニックに陥った作業員が原発から逃走」
とさらに尾ひれを付けて記事を配信しました。

これに安倍内閣(当時)が
吉田所長の名誉のためにもと吉田所長の家族に同意を得て、
吉田調書を公開することを決定すると、
朝日新聞は嘘を書いている事を自分でよくわかっていたため、
あわてて謝罪記事を出しました

ついでに責任を取って辞任した朝日新聞の木村伊量社長は
国際医療福祉大学に特任教授として天下りしました。

ちなみに吉田調書を独自入手したとアピールして以下のように特ダネとして
大々的に記事にした朝日新聞でしたが、

風評被害を広げ続ける嘘つきどもを許すな_d0044584_16235864.jpg

産経も吉田調書を入手し、
朝日新聞が書いた内容が真逆のものでデマであることをはっきり記事にしていました。

風評被害を広げ続ける嘘つきどもを許すな_d0044584_16242556.jpg

それでも朝日新聞は吉田調書が非公開になっているのを良いことに
自分たちが嘘を書いている事は全く認めませんでした。

そんな中で
「ご家族の同意を得て調書を公開することを決定しました」
と、菅義偉官房長官が発表したのです。

すると朝日新聞はあわてて自分たちが書いた吉田調書関連記事について謝罪取り消しを発表。
官房長官の発表直後に朝日新聞社内でパニックになっていたであろうことは容易に想像が付きます。

あらためて、朝日新聞のデマでどれだけ多くの人の名誉が踏みにじられた事か、
菅直人一味のおかげでどれだけの被害が作られ
今なお風評被害の拡大に努めるマスゴミによって被害が拡大されている現状を考えれば、
二度とこういう悲劇を生まないために徹底的に検証され、
菅直人一味とマスゴミのデマ、その被害について歴史に残していかなければならないと思います。
過ちを繰り返させないために。

あ、ちなみに枝野幸男はこんなことを言っています。

【震災の教訓は「司令塔をはっきりさせる」こと 枝野幸男氏/上】
 東日本大震災から間もなく10年になる。2011年の発災当初、官房長官として連日の記者会見に臨んだ枝野幸男・立憲民主党代表(56)。大混乱に陥った中、どんな気持ちで会見に臨んでいたのか。事態が悪化し続ける東京電力福島第1原発事故にどう向き合ったのか。新型コロナウイルスという危機に直面する今と重ね合わせ、2回にわたってインタビューを紹介する。【聞き手・永山悦子/オピニオングループ】

 ――東日本大震災は「想定外」とも言われ、政府の対応も含め日本中が大混乱に陥りました。あの混乱は避けられなかったのでしょうか。

 ◆緊急事態では、事態が起きてからできることは限られている。事前の備えで対応の9割方が決まる。「いかに事前に備えをしておくか」ということが、唯一と言ってよいくらい最も重要な教訓だ。
 官房長官に就任したとき、まず官邸地下の危機管理センターを確認した。すると、複合災害の発生自体は想定されていた。二つのイベントが同時に起きた場合も、それぞれに対応できる作りになっていた。ところが、それはハード面にとどまり、巨大津波災害、東京電力福島第1原発事故という大きな災害が同時発生と、想定は十分でなかったと言わざるを得ない。特に、原発事故が起きたときの避難についての想定が十分ではなかった。原発事故で避難する地域は半径10キロまでしか想定されていなかったし、多数の人が同じ場所から同時に逃げれば、当然詰まってしまって動けなくなるのに、そういうときの対応はまったく考えられていなかった。
~以下読んでいるとぶん殴りたくなるので省略~
(2021/2/19 変態新聞)

はい、やっぱり嘘つきですね。
原発事故での避難については半径10キロの同心円ではありません。

SPEEDIでの飛散予想なども活用して避難範囲を決めるのであって、
彼ら菅直人内閣の閣僚達は2010年10月にやっていた原子力総合防災訓練を
誰一人覚えていなかったのです。

菅直人内閣は原子力防災マニュアルを無視して同心円での避難区域を決定して発表しました。

そして翌日の菅直人による福一爆破事故により
本来ならSPEEDIの飛散予測通りに避難区域を運用していれば回避できていたのに
浪江町の住民などが被曝させられました。

自分たちの不手際をなんとしても誤魔化そうという菅直人内閣は
とにかく全力で東電を中心としたあらゆるものに責任転嫁しました。
その結果SPEEDIも完全な悪者という扱いにされてしまいました。

震災発生当日夜22:00に官邸に送られたSPEEDIの予測で
翌日早朝は真西の風となり原発の西側を飛べば被爆しないと思いついた菅直人らは
翌早朝にヘリ視察パフォーマンスを実行しました。

そしてヘリの遊覧飛行ルートはこのSPEEDIに基づいたとおりに
福一の西側だけを飛ぶというものとなっていました。

自分たちがマニュアルを無視して思いつきで同心円での避難区域指定を行ったり、
SPEEDIの情報を悪用していたりという事情もあってか、
菅直人内閣は震災発生から一ヶ月の間、これらSPEEDIで得た情報を隠蔽していました。

枝野幸男が偉そうに
「司令塔をはっきりさせること」
なんて言っていますが、
当時の菅直人内閣は東日本大震災関連で全力で責任転嫁に走っていたのみならず、
菅直人の思いつきで次から次へと専門会議を立ち上げ、
最終的に30近くまで増えました。
そしてそのほとんどが会議を開いていないか一回開いただけという有様で、
会議の責任者だった菅直人や大臣らは出席すらしていないような状態でした。

菅直人と言えば総理在任中の有名なエピソードがありますからね。

官僚が案をまとめて持って行ったら
「おれに判断させるな!」
とキレて追い返したというエピソードです。

何事においても自分の責任を回避することを最優先として生きてきたのが
「第四列目の男」こと菅直人です。

そのため、自分に責任が発生しかねないと考えたのでキレた・・・と。

総理ってのは決断して部下に任せて結果を待ち、結果に責任を持つ仕事のはずです。
そんな総理大臣に最もふさわしくない菅直人が総理をやっていたのです。
そして菅直人は最悪のタイミングで最悪の一手を選ぶことについてはプロ中のプロです。

その結果、日本滅亡寸前のところまで日本が追い詰められたと言っていいでしょう。

福島原発で現場で文字通り命がけで対応に当たった
吉田所長ら多くの人達の踏ん張りがあったからこそなんとか踏みとどまったのです。

菅直人内閣が席替えをしただけの集団が
立憲民主党と名乗って野党第一党、国会での議席の25%を占める集団として
いまだに偉そうにしていられる事の方がよほど問題だと思います。

この記事のURL:https://pachitou.com/?p=2514

コメント

  1. 阿比留瑠比さんの12日顔本より
    震災対応にかかわっていたある元省庁幹部からのメール

    「福島10周年を機会に、まるで危機管理の成功者のようにはしゃいでいる菅さんのはしゃぎぶりに、怒りを超えて悲しくなっていました。あの危機に際して、相変わらず怒鳴り散らすことと、次々と攻撃のターゲットを求め続ける我が国トップの姿を目の当たりにして、私は本当にこの国は潰れるんじゃないか、と思いました。その後、安倍総理になって(中略)アルジェリアのテロで日揮の社員が殺害される大変な危機に直面した際の安倍総理の沈着冷静な対応を見て、同じリーダーでもこうも違うものかと感動しました。久しぶりに思い出しました」

  2. カンガンスのヘリパフォーマンスは、民主党政権(あとカンガンス自身)がいかにマスゴミに守られていたかを如実に示すものでしたね。
    そんなに現場に視察しに行きたいならさっさと一人で行けばいいのに(いや行っちゃダメだけど)、なぜかマスゴミをお迎えしてそいつとともにヘリに搭乗。
    そしてこの余計なパフォーマンスで福一を爆破という最悪の結果に。
    本当に最低最悪、無能な人間を総理にしてしまった民主党、ひいては日本国民の罪だと思います。
    日本で最も評価の低い総理大臣にルーピーを挙げる人も多いですが、やはり私はカンガンスしかないだろと思ってしまいます。
    辞める際の詐欺や、駆け込みで朝鮮学校無償化検討指示とか、前原が明らかにした中共の船長釈放指示とか、もうひどすぎます。
    そしてこの最悪の政権の中枢にいた齋藤蓮舫、陳哲郎などがいまだに議員であることが残念でなりません。

    • しかもあのときにヘリに持ち込んだビデオカメラは記者クラブが用意したものでしたしね。

  3. 何故嘘つき朝日新聞がまだ購読されているのか?実家では仕事の関係で大体産経と2紙を取っていたので、立ち位置の違いが分かりましたが、普通の家庭は1紙ですよね。その新聞の論調とテレビの論調が同じだと「これが大体真実だろ」と思っちゃうのですよね。かみさんの実家がそうでした。
    クロスオーナーシップの悪いところですよね。早く電波オークション導入してほしいです。

  4. 昨晩の映画そのままだとしたら東電本社も日本政府も現場に投げっぱなしでひどい対応ですね。

    当時から言われてた事ですが民主党(立民)が妨害して防波堤や堤防を作らせなかったとかひどすぎますね。

    あの立地にあの原発施設、防波堤や堤防が無いのは異常です。人災です。

  5. 10年前のことが昨日のことのように脳裏に甦り、菅直人と民主党政権への怒りが沸々と・・。アカン酒呑もう。

  6. あきかん、ぽっぽ、小泉爺の3バカが、また悪巧みを画策しているようだ。
    とにかく潰さないと。
    それと、元総理の肩書きって消せないものか。見るたび虫唾が走る・・・・・

    • >あきかん、ぽっぽ、小泉爺の3バカ
      >元総理の肩書きって消せないものか。見るたび虫唾が走る・・・・・

      私も超絶同感です!!(`・ω・´)
      総理大臣史の、このバカ3匹の名前を黒く塗りつぶしたいです★★★

      野田も入れて4匹にしときましょうか★

  7. 朝日新聞って、「正しいことを言ってるのは朝日だ」と思わせるような中毒性があると考えます。老人なんかがあっさり囚われていますね。

    菅直人の厚顔無恥っぷりってある意味国宝級ですよ。記憶し続けましょう。

  8. 記事配信ありがとうございます。
    議院運営理事会でこの件、問題にされなかったのでしょうか?小西洋之や森ゆうこに対し代表の枝野氏はきっちり注意をしたのでしょうか。報道からは何もわかりませんが、この点は取材して明らかにして欲しい。

  9. 築地痛快新聞の反日嘘記事は大体首謀者が分かっている。南京の本田勝一、靖国の加藤千尋、慰安婦こと追軍売春婦の植村隆。(教科書問題だけはわからなかった)吉田調書に関してはダメジマこと鮫島浩だったが、誤報が早々と明るみに出たこともあり冷や飯くらってたため、早期退職に応じるようですね。どこぞのFラン大学あたりの非常勤講師の口でも探すんだろうか。

  10. こないだのプライムニュースでも
    安倍さんのデマだってまだ言ってた。
    色々出まくってましたから
    菅直人氏の中では、成功体験になってるのかな。
    かいわれ食ってた頃は、期待されてたのにどこで道を。
    原点は市民活動家と、こないだプライムで聞いたが
    脱原点したいから、枝野氏に政権とらせると豪語した
    所みると、活動家みたいなことがやりたい事なのかな。

    テレビでやったからか、あっちの人たちが
    安倍総理が作らせた映画だから、不当に菅直人氏が
    歪められてるとか、地上波放送に抗議しますだのあったようで。
    まあいいか。生き甲斐なんですかね。

    それにしても、小西氏って選挙活動で
    頭下げてるイメージがわかないんだけどw
    選挙の時は、頭下げてるのかしら。それにしても、
    この人に一票託した人たちって、何を期待して入れたんだろ。

    主様、本日も勉強させていただきありがとうございました。
    地上波の民放ニュースで、最近中国のどうでもいいような
    ニュースが各局で急増してるが、何かのキャンペーンかしら。

  11. リーダーどころか、議員すら相応しくないのがミンス系ですね。
    「死人に口なし」
    自分の都合の良いように、何でもかんでも歴史さえ書き換える。
    「立ってる者は親でも使え」どころか、
    「溺れる犬は棒で叩け」などの某国諺の方が脳内支配しているようにしか感じられません。
    資質だけでなく、人として。
    こんなのでも議員になれてしまうのも民主主義選挙制の欠点です。
    そう言う弱点欠点を突いてくるのも、アッチ系の特徴、十八番の手口でもあります。
    毎年、この時期になると怒りがこみ上げて来ますが
    これも、震災同様、国民が忘れてはいけない事実でしょう。
    マスゴミは、相変わらず当時の政権の問題に目を向ける事はせず
    原発批判と、被災者アイゴー演出に始終するだけ。
    何処かで見かけたのですが
    アカ日の鮫島浩が、何やら頓珍漢な擁護してたようですし
    「反省無き者に進歩無し」を地でいくようなものです。
    連中の脳内には
    「嘘は100回言い続けなければ真実にならないニダ」
    があるのでしょうね。

    改めて中核派の「人564も仕方なかった」の思考も忘れません。

  12. いつも更新ありがとうございます。

    >小西洋之や森ゆうこに投票した人達はマリアナ海溝よりも深く深く反省してほしいです。

    最近何かと目立つ参院の暴走コンビは、フリーダム過ぎるというか野放し状態ですね。
    新潟は人罪の宝庫ですが、千葉も大概ですね。

    > 朝日新聞のデマでどれだけ多くの人の名誉が踏みにじられた事か

    震災報道でデマを撒くって最低です。
    歴史問題のデマに関連する裁判では、あの記者の敗訴が確定。
    震災でもデマ、歴史でもデマの朝日る新聞は報道テロ組織なのか。

    分け入っても分け入ってもデマの山

  13. ゴミンスの屑共に腹がたつのはもちろんなんですが、日本終了一歩手前まで行ったのに未だに立件ゴミンスや狂惨を支持する日本人と、それを応援するカスゴミと盲信する愚民。の存在のほうが腹が立ちます。

    なんで失敗から学ばないんだよ!!!って首をブンブンしたくなります。性善説の人ぶりたがるわたしの家族とか家族とかですね。

  14. アメリカのスリーマイルで起きた原発事故、この時、州政府は米国政府か忘れましたが、原発に詳しい人を選び、その人に全権を委任し、責任は政府側が持つ、兎に角収めろ、と言い、全権を委任された人は最悪の事態を回避したと聞いています。

    チェルノブイリは現在、原子炉は現在、分厚いコンクリートに覆われ放射能が漏れない様にされていて、チェルノブイリ付近に住んでいた人は全員、何十キロ先に新しい街を作り、その街に移住させ、元々あった町は、机とかテーブル等は全て破壊、放射能汚染された物を外に運び出されない為とか、

    チェルノブイリはソ連時代だったのである意味力任せで解決し、スリーマイルの場合は詳しい人に全権委任し、事を収めました。
    安倍政権下でも地震は熊本、北海道で起きていますが、対策本部を立ち上げ、支援に全力を集中しています。
    やはり、トップに立っていい人と、トップに立ってはいけない人がいるのですね。

  15. >小西洋之
    >森ゆうこ
    国会とは日本において最高位の会議なわけです。
    そこでクズ小西洋之やクズ森ゆうこみたいな野蛮で低次元のやり取りが許されていること自体が極めて異常です。

    「何が通告だよ」じゃねぇ~んだよこのクズ小西!
    テメェ~はくぇrちゅいおp@あばばば…
    と、思った人は私だけじゃないはず!(笑)
    当然クズ森ゆうこにも!

    武田大臣はもっと言ってやれば良かったと思いますよ!
    「小学生のガキじゃぇ~んだから嘘ついてんじゃねぇ~んだよ!」
    と、最低でもこれくらいの意味合いで…(笑)

    >テレビでFukushima50がやっていたらしい
    みたいですね…
    普段からテレビ見ない生活していると全く気に留めなくなっちゃうんですよね…

    映画についてどうのこうのは特にないのですが…
    メディアに踊らされているだけの人は見る価値はあるだろうと思います。

    でも、それだけじゃやっぱり足りないかなぁ~…と…

    ブログ主がその人が今まで何をやって来たか?
    という視点は重要という趣旨の事を事が有るたびに書いていますが、故吉田昌郎元所長とクズの菅直人を見比べてそれを強く思いますよね!

    実は二人とも同じ大学出身です。
    しかし、明らかに吉田元所長は良く分かっていたし頼りになる存在だったのは明白です。

    対してクズの菅直人はというと…原発に詳しいとか明らかな嘘を言っていましたよね!

    時系列で記録を見ても、原発を知っていたらベントや海水注入の件は躊躇なく一刻も早く行うという判断になるのは明白です。原子炉の容器の圧力が設計限度を超えている時点で既に崖っぷちの緊急事態です。

    当時、決定権をを持っていた者共が総じて使い物にならないクズだったという事なのだろうと思いますね。

    教育というか科学の敗北感が半端ないですよ!
    科学が殺され瞬間だったと思います。

    で、福島の事故がなぜ起きたか?
    という事をはっきり言える人ってどれくらいいるんでしょうかね?
    確実な事は二つ!
    1、電源を喪失していなかったらあの事故は確実に防げていただろうという事です。
    2、被害を不必要に巨大にさせたのは間違いなく菅直人と悪夢(地獄)の民主党政権だという事。避難指示などは明らかに健康というより精神的、不評的な被害は計り知れないだろうと思います。米軍からの水の提供を断ったのは菅直人ですしね…映画でも水の必要性が描かれていたと思いますが、明らかに重大な判断ミスです。放射の漏洩が防げた可能性すら言われています。…菅直人は裁かれるべきだよね!

    そして、これが理解できているだけでも、震災後に続いているおかしな原発差し止めなんてありえないと思うようになるでしょう。電源喪失を防ぐ対策がされていれば再稼働は問題ないと言えます。火山の噴火とか言っている時点で大間違いだと…大飯原発を差し止めた裁判長だかは原発は一般住宅より耐震性が無いとかとんでもない嘘を言っていたらしいですが…やっぱり!さもありなん。

    そういえば、教育現場でも放射能に関して副読本的なものが配られていたりするようですが、人体への影響とか不安を煽る事には余念が無いで様です…が、しかし…例えば実際に放射線を防ぐにはコンクリートならどれくらいの厚さが必要とかとか…本来の教育、教養という部分が非常にというか意図的に手抜きにされていると感じます。

    こうれではせっかく勉学に励んでも、世の中に出たら世論扇動に簡単に引っ掛かるテストが良くできる馬鹿製造にしかならないだろうと思いますね。

    事が起きた時にどうしたら良いか?具体的な数値を知らなかったら何もできません。
    嘘つきの菅直人と同じですからね!

    そういえば「原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)」が福島で癌が増える可能性は低いとレポートをまとめていましたね。トレンドにもなっていました。まあ、そうだろうなと…福島に関する被爆量はせいぜい多くて15ミリシーベルトくらいです。影響が出る基準は100ミリシーベルトです。過剰に騒ぐ方が気違いレベルです。

    甲状腺がん等は過剰なスクリーニングで不必要な甲状腺の切除が行われていないか?なんて事も言われています。これ大問題だよね!甲状腺切除したら一生薬を服用することになるわけで笑い事じゃないですからね。そもそも甲状腺がんが増えているという事実根拠がないと言われています。

    原発デマを流し続けている、或いはそれを理由に不必要な事をしている勢力は本来は取り締まり対象だと思いますけどね…
    ぱよぱよち~ん!

  16. あの無意味な半径30キロ内避難のおかげで、半径30キロ内の沿岸で津波の被災者の救助が放棄されました。
     

     その為、推定2000人が瓦礫に取り残されて死にました。

     何であの程度の事故で救助を放棄しなければならかったのか?

     あれは絶対許せません。

  17.  更新ありがとうございます。
     朝日新聞に連載されたプロメテウスの罠は、全体的に酷い代物でしたが、唯一ヨウ化カリウム剤を町民の殆どに配布し、かなりの人たちがセシウム降下のタイミングで服用できた三春町の記事は良かったですね。ただ、東電批判や原発悪玉論に直接繋がらないせいか、大きく取り上げられることは無いですが。

    https://ferreira.exblog.jp/30080845/

     福島と言えば環境大臣就任直後に大見得切った小泉セクシー進次郎氏は、その後トリチウム含有処理水放出について目立った発言はしてませんね。まあ、質問されても「最終的な所管は経済産業大臣ですから」と逃げそうな感じですが。

    https://ferreira.exblog.jp/29637504/

     でも、それよりも何だかなと思うのが1Fのトリチウムは他人事のように構えている核融合の研究者たちですね。多分本気で核融合をできるだけ早く実現させる気が無いし、実現を信じてないから言及しないのではないかと訝しんでしまいます。

    https://ferreira.exblog.jp/30363321/
    https://ferreira.exblog.jp/30436728/

    長文失礼しました。

  18. 2021年2月26日付 読売新聞『原発政府の初動混乱』『情報求めて視察強行』

    「地震発生から約50分後、津波によって福島第一原発の1~4号機は全交流電源喪失に陥った。『核燃料が冷却できず、炉心溶融(メルトダウン)につながる』。東工大出身で、原発に知見があった菅総理は、報告を聞いて背筋が凍った。
    官邸は、原発の核納容器から蒸気を強制的に排出し。圧力を下げる『ベント』を急ぐとの連絡を東電から受けた。しかし、いくら待ってもベントを行ったという報告が上がって来ない。原子力安全・保安院の説明も要領を得ず、菅の苛立ちは募った。
    このため、菅は、首相官邸執務室などに関係者を直接呼び入れ、状況把握に動いた。しかし、その情報は司令塔となる危機管理センターには殆ど伝わらず、初動が乱れる一因となった。
    翌12日早朝、菅はヘリコプターで、福島に向かった.枝野官房長官は『やめた方が良い。政治的に叩かれる』と強く諫めたが、菅は押し切った。免震重要棟では、徹夜疲れの作業員らが床に横たわり、戦場のような光景が広がっていた。菅は会議室で吉田昌郎所長らと向き合うと『何でベントが出来ないんだ』と声を荒らげた。時間がかかるとの説明に菅は納得出来なかったが、『最後は決死隊を作ってでもやります』という吉田の言葉に矛を収めた
    国会事故調査委員会の報告書(12年7月)は首相の視察をこう指摘した
    『現場の士気を鼓舞したというより、自己の苛立ちをぶつける事で、作業に当たる現場にプレッシャーを与えた可能性もある』
    ベントは行われたものの、1号機の建屋は12日午後、水素爆発した。14日には3号機の建屋も同様の爆発で大破した。」

  19. いつも勉強させていただいてます。
    菅直人出演のプライムニュースを見ました。
    ながら視聴だったので細かいところは記憶違いがあるかもしれませんが、確かに彼はSPEEDIを知らなかったと言っていました。
    知ったのは1か月だか2週間だか(この辺が定かではない)後のことだと。
    しかし、震災発生当日夜に官邸に送られたSPEEDIの予測で翌日安全な西側を飛んでヘリ視察していたとは!
    一国民に過ぎない私でさえSPEEDIや諸外国の気象予報で風邪向きを気にし、この日はなるべく屋内にいようなどと考えていたのに、総理が知らなかったなどあり得ないと思っていましたが、やはり…。
    ほかにも白々しい言い訳の数々。

    しかし、国民の安全など微塵も考慮しない人たちだと改めて怒りがわきます。

    あの日々、テレビで、むしろ風向きによってかなり汚染された地域ということも知らずに避難している人たちの映像を見ながら、どうして同心円で避難させるのかと憤っていたことを思い出しました。
    その人たちが事実を知らされ、汚染地域からさらに違う場所に避難したのは確か1週間以上たった後だったと記憶しています。

    本当に悪夢の政権でした。
    二度と政権に就くようなことはないと思いますが、国会議員でいることさえ許せない思いです。

  20. > それでも朝日新聞は吉田調書が非公開になっているのを良いことに
    > 自分たちが嘘を書いている事は全く認めませんでした。
    >
    > そんな中で
    >「ご家族の同意を得て調書を公開することを決定しました」
    > と、菅義偉官房長官が発表したのです。
    >
    > すると朝日新聞はあわてて自分たちが書いた吉田調書関連記事について謝罪取り消しを発表。
    > 官房長官の発表直後に朝日新聞社内でパニックになっていたであろうことは容易に想像が付きます。

    この記事って某国の沈没船の事故で船長が乗客の救助を行わないで真っ先に逃げ出したのを擁護する為に朝日新聞が「日本だってこんな酷い事してるぞ!」みたいな感じでカウンター噛ます為にやったんじゃないかと個人的には理解しております。ふざけた奴らですよね。

  21. > 小西洋之「何が通告だよ!!何が通告だよ!」
    森ゆうこ「何が通告ですか!!(大臣を繰り返し指さししながら)あなたがねぇ!ギャーギャー!!!」
     ツッコミが居ないと散らかっちゃうって誰かが言っていたような。

    > 福島原発で現場で文字通り命がけで対応に当たった 吉田所長ら多くの人達の踏ん張りがあったからこそなんとか踏みとどまったのです。
     仰る通りだと思います。

  22.  まとめサイトに出没するパヨクの生態を観察していると、やはり遺伝的に脳精神に欠陥があるとしか思えません。

     https://erakokyu.net/social/crimej/20210313/92994.html

     リンク先もそうなんですが、奴らは何時も意味不明の、しかも便所の落書きをコピペして米欄に張り付けまくるんですよね。それもカビの生えた、数パターンしかないネタを何度でも繰り返す事しかしないんですよね。自分の言葉でコメントするでもなく、ただ機械的にコピペを繰り返す非生産的なパフォーマンスをやって何が楽しいんでしょうね。
     本当に機械にやらせているのかもしれませんが、こういう事を延々と繰り返すパヨクの逝かれっぷりは先祖代々から伝わる代物なんでしょうね(冷笑)。

    • アッチ系サーバーだかを通してコメントすると
      某所から報酬が出る、って以前聞いた事がありますね。
      まるで反日デモが資金難〜みたいで嗤えますが。

  23.  立憲民主党の中を探せば、少しはましな議員もいるのではないかと思いますが、表に出てくる輩はどいつもこいつも知識も品性もない、テレビ番組「警察24時」によく出てくる深夜の酔っ払いみたいな、人格のない人間の形をしたただの生き物。
     どうすればまず人としての品位もないこんな生き物になれるのでしょう。国民の敵小西洋之、森ゆうこなどは、今月10日の予算委員会にて、傍若無人なふるまい。森ゆうこなどは何か気に入らないことがあれば席を立って、委員会内を我が物顔で喚き散らして歩き回るあの醜態が、多くの国民の目に触れているのもお構いなし。半グレババアといったところか。原英史さんには、森ゆうこを訴えた裁判で100パー勝ちしてほしいです。
     小西、杉尾、原口、柚木、(出会い系バー誰でも行きますよ)川内博史、本多平直、逢坂誠二、安住淳、長妻、今井雅人、山井和則、辻本清美、徳永エリ、石垣のりこ、蓮舫、陳哲郎、有田芳生、白眞勲クン、そして人間のクズの中のクズ小沢一郎、こいつら次の選挙でぜったいに落としてやらねば、国会が正常化しないし、日本はよくなりませんから。

  24. 元朝日新聞記者の植村隆が起こした名誉毀損裁判の東京での裁判も、最高裁で植村側の敗訴が確定したとの報道を見て当然と思いました。目出度い事です。判決の全文はネットにはまだ出ていませんが、出たら分析をしようと思っています。
    本当に朝日新聞とその関連はひどい。

  25.   【・・・ホントに「悪相」が多いなー・・・】

    菅元首相と原発と言えば、真っ先に浮かぶのが
    映画の主役の如く、颯爽と福一の現場を訪れた姿。
    決意した面持ちでヘリコプターから降りる。

    それと対照的な「絵」は、被災地を訪問した際、
    被災者の男性から呼び止められた際の「哀れな元首相」の挙措。

    弱い者、下の者を怒鳴り散らすのに、胡錦濤・主席の前では、
    縮こまって紙片に目を遣り、唯々、哀れ・・・

    見てくれだけに腐心して心の伴っていないアホ。
    「反省」なんてコトバは、脳みその何処にもありません。
    有るものは、自己正当化と他人避難がその全て。

    下野当時の一議員の元首相の安倍さん、世耕議員と秘書一人
    運転手と共にSPも伴わず被災地福島へ(2011.3.26.)。
    10トン積みと4トン積みのトラックに救援物資を満載。
    以来、福島訪問は、首相の激務の中、40回余り。

    呑気な直人さん、
    「名誉棄損」で安倍首相を提訴(2013.7.16.)。
    「1.100万円、支払え!」だってさ。
    菅直人さんに毀損されるべき「名誉」があるの・・・?

    総理の「激務」を知らない故に、現職の総理を
    元総理が提訴した。・・・ホントにコイツは災厄な男。

    上告が退けられ、菅直人さんの「敗訴」が確定した(2017.2.21.)。

    植村隆さんが「議論に勝っが、法的には負けた」見たいなことを
    言ってましたが、半島人風味の方々の通弊、自己正当化の権化。

    言論の府に居ながら議論の場から「法廷」に逃げたのは、誰!
    櫻井さんも西岡さんも議論をこそ望んでいた。

    古くは、本多勝一さんと殿岡昭朗(堤堯)さん。
    連載されていた『月曜評論』で堪能しました。

    衆院予算委員会(2018.2.6.)で質問に立った直人さん、
    最高裁までネバって決着がついたのに蒸し返す。
    この往生際の悪さ・・・
    己の「醜さ」が全く見えていない、不可思議な生物。
    コンナのが首相に就く民主主義社会の一面・・・

    元・原子力安全委員会・委員長、班目春樹さんの
    四コマ漫画、唯一「ノッペラボウ」の登場人物、
    「あの顔は思い出すだけで気分が悪くなるのです」。
    そう、われらの菅直人さん。

    息子にも愛想尽かされたR4、前科モン臭悪のカタマリ辻元、
    傲慢と傲慢と傲慢で形成された御面相、陳哲郎。
    ヒネくれた性格が顔相にそのままの歪んだ顔、小西。
    その中でも際立つ悪相は、なんと言っても、森ゆうこ。
    ゆうこに負けない化け物じみて気持ち悪い瑞穂さま。

    この様な「面々」に票を投ずる「有権者」・・・

    悪い方へは一気呵成。良い方へは、遅々として進まず・・・

    中華帝国の軍事的躍進の中で、民主主義国はどうすれば・・・
    民主主義国の盟主アメリカでは、バイデンの痴呆症が
    いよいよ露わ。糊塗すべき方途見えず・・・

      毎日のブログの更新、ありがとうございます。

  26. 原発を進めてきたのは、自民党です。なぜ東電も安倍さんも電源が下にあり危険と知りながら一切の対策を怠り安倍さんの有名なあの発言は忘れる事はできません。

    電源喪失はあり得ない!
    原発は絶対に安全だ!と言い切りました。

    国会でも野党に追及されたのに対策をしなかった事を安倍さんは責任を感じて欲しいです。

    当時の混乱の中議事録が無いことを批判してましたが、その後の自民党は国民の財産の公文書の改竄、隠蔽、廃棄信じられない程の腐敗でした。

    当時の民主党をいいとも思わはないけど、今の自民党の劣化ぶりには、危機感しかないです。

    • 〜批判と支持は両立する〜

      私も一部危機感を感じている点があります。
      そのような時は具体的な問題点と可能であれば対応案を陳情する様にしています。
      党の方針と真逆な場合などを除けば業種別の細かな要望など、意外と話を聞いてくれる国会議員さんは多いですよ。
      その声が大きくなれば、「総務会を通さずに部会から直接上げる」などの事例が今後も出てくるでしょう。
      2018年秋から部会長の格が上がった事もよい方に影響しています。

      一方最悪なのが、仮に党の方針と合致していてもそれを実行する人材も組織もない政党です。

      国民は国会議員を選ぶだけでなく、国会議員に対して意見要望を伝える事ができます。
      批判と支持は両立する。というよりもそれ(国民の声を聞いて法律を作るの)が国会議員の仕事だと思っています。

    • 「その後の自民党は国民の財産の公文書の改竄、隠蔽、廃棄信じられない程の腐敗でした。」

      そもそもの話として、これって言いがかりレベルのものばっかなんじゃないですかね?「モリカケ桜」でのこの手のものってみんな言いがかりイチャモンレベルのものばっかでしたよね?「安倍政権による統計不正がー」とか騒いでいたのも、何のことかと調べてみたら、民主党政権の時に決められた変更が安倍政権で実行されただけなのに、時系列無視して安倍政権が悪さしたかのように印象操作して濡れ衣着せてるだけだったとか。

    •  はいはいジミンモーさん、昨日のスレをよーく読んで下さいね(冷笑)。
       時系列を理解しているなら、こんなカビの生えたようなコメントは書けない筈ですよ。

  27.  連投失礼します。
     吉田福島第一原発元所長は、2007年4月に東京電力本店の原子力設備管理部長に就任しており、その後、東電は2008年1月から4月にかけて、福島第一原発に押し寄せる津波について「最大波高15.7メートル」という試算結果を得ました。
     これを根拠に吉田元所長が「(防潮堤建設等の)津波対策に消極的な人物だった」という報道が出ましたが、事実は異なりました。ノンフィクション作家の門田隆将氏が書いてますが、「15.7m」は吉田元所長の指示のもとに、明治三陸沖地震で大津波を起こした三陸沖の「波源」が、仮に「福島沖にあったとしたら」という仮定の試算によって得られたものらしいです。
     吉田元所長は、2009年12月から2010年3月にかけて、貞観地震の時の津波が福島県沖ではどのくらいの波高だったかについて「堆積物調査」を実施したそうですが、浜通りに来た津波の波高は4メートルであったとらしいです。
     東日本大震災が起こる前に、仮定を重ねた試算結果と貞観地震の時の福島県沖での波高情報だけで、防潮堤を作る等との津波対策を実施するのは非常に困難だったと思われます。

    「日本を救った男―吉田昌郎元所長の原発との壮絶な闘いと死」門田隆将
    [url] http://www.nippon.com/ja/currents/d00093/

  28. 私も一つ思い出したことがあった。
    福島の地裁でしたっけ?の検事?が業務を放り投げて、逃げ出したんですよね。
    それを指摘してた森前法相を立憲が騒ぎ立てた。

    これらを永遠に語り継がないといけませんね

  29. ポンコツの使用延長決めたのは、京都25%削減の鳩山
    被害極限作業を遊覧飛行で妨害し、水素爆発招いた菅直人

    事故じゃなくて、事件ですね

  30. もし現場に居たら、ヘリから降りてきたら殴りますねマジで。

タイトルとURLをコピーしました