国際機関病から脱却すべし

政治
DSC_0136


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

まずはデマ記事を書いても絶対に謝罪どころか訂正もしない共同通信から。

【クルーズ船の持病ある人や高齢者ら下船へ】
 政府は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、持病がある人や高齢者などを11日午前にも下船させる方針であることが分かった。関係者が明らかにした。
(2020/2/11 共同通信)

どうせ政府は下船を実施するだろうという思惑のもと
「関係者が明らかにした」
と書いています。

以前から書いている通り、日本のマスゴミの「関係者」は
記事を書いている記者も含みます。

なので具体的に誰がどうとか書いていない場合は原則疑ってかからなければなりません。

共同通信の記事は2月11日の午前1時頃配信されていますが、

同じ日でも午後10時頃に配信された時事通信の記事が以下。

【クルーズ船、一部下船検討 新型肺炎、乗客の体調考慮―厚労省】
 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は11日、高齢者や持病のある乗客らを下船させる方向で検討していることを明らかにした。健康上の不安がある人の体調面を考慮した。下船は早くても12日以降になる見通し。
 同省によると、これまでに肺炎とは別の病気で入院するため下船した乗客乗員は16人に上る。船内には約3500人が残っており、厚労省は19日までの14日間は船内にとどまるよう求めている。
 乗客には持病のある人や高齢者も多く、同省は長期にわたる船内生活で体調が悪化するリスクを考慮。下船後の滞在施設の手配や対象者などについて慎重に検討している。
(2020/2/11 時事通信)

こちらは厚生労働省が検討していると書いています。

高齢で持病があって加療を要する人達を下船させて分けたほうがよいか?
という事で厚労省が検討しているのであって
これなら厚労省とはっきり書いていることからも
それなりに情報ルートが示されています。

共同通信はうさんくさい記事を出す場合は
必ず情報元がぼかされており、
時には「意向を固めた」などと
誰が意向を固めたんだよ!というツッコミがされるような書き方もします。
そして必ず匿名記事です。

共同も時事もほとんどが匿名記事です。
常に偏向記事を書いているので
記事に突っ込まれたら困るので匿名が常態化しているのでしょうか?

いずれにしても共同通信の記事については
「公式発表が出るまで全くあてにならない」
という事が大前提です。

言ってしまえばまったくあてになりません。

しかも明らかに共同通信がでっち上げた内容という記事も
ここのところ連発されていますが、
共同通信は謝罪、訂正をしたことがありません。

世論操作目的で嘘を書いても全く責任を取らず、
また処罰する方法もない。

こんな異常な特権が日本のマスゴミには認められていると言っていいでしょう。

朝日新聞なら購読をやめることで国民がそれなりに対抗できます。
だからこそ朝日新聞の数々のデマを流していた事を理解した人達が
購読を辞めるという行動を取ることで購読者数が急落し、
渋々ながら植村隆らが書いたデマ記事を「誤報」ということにして
「具体的にどの記事がデマだったかは書かないけど取り下げました。」
という発表をして「朝日新聞=嘘つき新聞」という事実を否定しようとしたわけです。

それでも懲りずに吉田正郎所長の証言をでっち上げました。

これは吉田所長が当時自身の証言について非公開を望んでいたため、
政府はこれを守って非公開のままだろうと高をくくった朝日新聞側が
菅直人や福山哲郎らの嘘に合わせる形で事実を塗り替えようと企んで
吉田所長の証言をでっちあげた形です。

明らかな嘘を書いて吉田所長の名誉を踏みにじり、
福島第一原発の水素爆発の真犯人である菅直人を英雄に仕立てようという
朝日新聞のやり口に事実を知っている安倍総理官邸側が激怒し、
故・吉田所長の家族らに証言録の公開について確認を取った上で吉田所長の証言録を公表。

朝日新聞が吉田正郎所長の証言をでっち上げた事がはっきりと裏付けられました。
そして再び購読者数が急減しかねない危機感からか、
朝日新聞は吉田所長の発言をでっち上げた事についても「誤報だった」という事にしました。

朝日新聞がこれらの菅直人を英雄に仕立てようとした一連の嘘記事も含めて
「プロメテウスの罠」
という本にして出しています。
そして新聞協会はこの偽書に新聞協会賞を与えて
情弱相手に一稼ぎしつつデマを流布するという事を手伝っています。

そしていまなおこのデマ本は売られています。

ちょっと脱線しました(いつものことですが)

朝日新聞については購読解約という方法で
読者が対抗することができますが、
共同通信については全国の新聞やテレビなどへの記事配信で収入を得ていますから、
明らかなデマを書いても国民から抗議されたところで
共同通信はどうせ自分達に影響は出ないと考えているのでしょう。
謝罪も訂正も全くされません。

やはり明らかな虚報を流した場合は処罰できるようにすべきでしょう。
虚報に対する処罰法が必要だと考えます。

朝日新聞を例に出したので引き続き朝日新聞の記事から。
以下の記事はウェブ版では有料会員限定記事となっており、
一般の人の目に付きにくい、拡散されにくいようにされています。

【(耕論)ヘイトの境目 福田紀彦さん、秋葉丈志さん、真鍋厚さん】
 自治体のヘイトスピーチ規制が広がっている。社会の分断を食い止めるという評価がある一方、どこまでをヘイトとするかの線引き論争はなお続いている。どう考えればいいのか。
~以下省略~
(2020/2/8 朝日新聞)

川崎市の反日市長として有名になった福田紀彦。
反日左翼が仲間を集める業界となっている赤デミーからは
秋葉丈志という早稲田大准教授などのインタビュー記事が載っています。

政府として拉致問題の実行犯でもある朝鮮学校には
高校無償化の適用除外など補助金を適用しないように方針を示していますが、
福田紀彦市長はこれを回避するために新たな制度を作って
朝鮮総連に川崎市の税金から補助金が入るようにするなどしてきました。

川崎市の有権者の多くは地元の川崎市の政治に興味が無いので
共産党や公明党などの組織票が幅を利かせており、
共産党、公明党、民主党(偽装するために「みらい」と名乗っているが立憲民主党が所属議員として紹介されている)
の反日勢力が議会の6割以上を握る状態となっています。

このため福田紀彦市長も「売国してれば自分は安泰」と思っているのでしょう。
さて、そういう話はおいておくとして、
福田紀彦のインタビュー記事を見ると、

国際機関病から脱却すべし_d0044584_08500260.jpg

—–
想定外だったのは、一部会派から「日本人に対するヘイト」への対応を求める付帯決議案が出てきた事です。
条例議案へのパブリックコメントでも、「外国人へのヘイトのみを刑事罰の対象にするのは日本人差別だ」といった意見が寄せられました。
圧倒的多数派である私たち日本人に対する差別という考え方が出てくることは、この国の深刻な分断を物語っているように思います。

—–

などと言っています。

福田紀彦はアパルトヘイトを正しいと考えているのでしょう。
少数派が圧倒的多数派を支配するために
圧倒的多数派の権利は全く守られず、
圧倒的多数派だけが刑事処罰されるのですから、
この方向性がアパルトヘイトと何が違うのでしょうか?

法の下の平等を実現するために
「ヘイトは人種の区別無く処罰対象である」
とするのが当たり前の考え方でしょう。

ですがこの反日市長はそういう考え方は全くもっておらず
「社会の分断がある」
などと話をすり替えています。

むしろ分断を作っているのは
「特定の一部の人達だけを特権化する」
という反日条例を成立させた福田紀彦市長と
公明党と共産党とみらい(立憲民主党が偽装しているだけ)という反日3会派です。

川崎市の日本人差別条例こそが分断を作るための条例でしょう。

日本においてリベラルを名乗る連中が主張している話は
どれもこれも社会に分断を作っていく内容になっています。

同じ記事で早稲田大学の准教授である秋葉丈志のインタビュー記事では
日本人だけを処罰するためのヘイトスピーチ規制について

国際機関病から脱却すべし_d0044584_08501992.jpg

—–
「国連人種差別撤廃委員会は再三、日本政府にヘイトスピーチの法規制を求めていますが、政府は「表現の自由」の観点から留保しています。私には政府が規制をしない言い訳として、表現の自由を使っているようにしか見えません。
ヘイトスピーチをする側とマイノリティーの被害者との間には、圧倒的な力の差があります。」

—–

そして反日言論者おとくいの
「在日コリアンへの差別の歴史がー」
とほざいています。

またしても「社会学」なんですよね。
ほんっと社会学ってアカが仲間に学者という肩書きを付けるための分野としか思えなくなりました。

理系の世界でも「ゲーム脳の恐怖」というエセ科学本で荒稼ぎした
森昭雄なんかが教授をやっていられるので
いかに日本の赤デミー界隈が科学的根拠ではなく情緒に基づいているか思い知らされますが。

そもそも国連人種差別撤廃委員会が言っているから
日本はヘイトスピーチ規制をしなければならないという理屈がおかしいのです。

国会で杉田水脈議員が国連人種差別撤廃委員会などで
ヒューマンライツナウなどの反日団体が
日本を貶めるためのデマを積極的に発言していって
それを根拠に日本に対して国連人種差別撤廃委員会などが内政干渉をしている。
という現状があります。

ちなみにこの件について杉田水脈議員が国会で根拠も示して質疑を行ったところ、
ヒューマンライツナウとそれに阿る議員などから
議事録の削除要請があったことは絶対に知られるべきでしょう。

自分達に都合の悪い事実の指摘を議事録から削除させて
記録に残らないように圧力を掛けているのが実態なのですから。

あ、ちなみにどっかの政党も池田大作関連とかについては
議事録削除要求をがんがん出してますけどね。

そして何よりも国連なんて元々の機能である国連安保理以外ははっきり言って不要です。

なにせ多額の賄賂をもらって恣意的に議事をすすめようとも処罰されないんですから。

そういや最近だとWHOとかいう国際機関が
チャイナマネーで緊急事態宣言をなかなか出さないようにすることで
感染拡大を助けてましたっけね。

日本のお役所、特に外務省は国内世論を曲げるために
こうした国際機関を便利に使ってきました。

だいたい「連合国」とか「WW2戦勝国クラブ」とするところを
「国連」なんて大仰な名前を付けている事そのものがおかしいですからね。

霞ヶ関の連中が日本人の世論を曲げるための便利な道具として国連を使ってきた事もあって、
反日団体が国連で嘘800を宣伝して
日本を落としめ続けている事についても
ろくに反論もしてきませんでした。

このため「国連がー」というのが
日本人を黙らせる便利なマジックワードとして使われ続けてきました。

挙げ句に小沢一郎なる政治屋が「国連中心主義」なんて唱える始末です。

政官マスゴミがずっと使ってきた
「国際機関がー」
というマジックワードによる日本人へのミスリードから
日本人は目を覚ますべきです。

また、外務省のようにろくに仕事をしない連中が
自分達の利権を守ろうと国際機関ならすぐにお金を満額出す
という悪癖も批判されるべきです。

日本の国益にならないのならお金を出さないのは当然。
そうなるべきです。

ちょうど財務省がさらなる消費税増税のために
またIMFに日本は消費税を20%に引き上げるべきとか発表させています。

増税するたびに税収がどかんと落ち込んで
財務省の言うとおりにやってきたこの30年。
日本だけがずっとまともな経済成長をしないまま続いてきたのです。

とすれば財務省の提言は30年間ずっとハズレてきたのですから、
財務省がIMF経由で提言させている内容だって間違っているので
全く参考にならないと切って捨てるべきなのです。

日本人には長年にわたって「国際機関がー」とすり込まれてきて
国際機関が言っているのだから受け入れなければならない
というような理屈を今回取り上げた朝日新聞などの反日マスゴミも、
霞ヶ関も、国会でも使ってきました。

賄賂が横行しても、明らかにおかしな判断をしているトップがいても
それが居座っていられるような国際機関になんの価値があるでしょうか?

「国際機関がー」
ちょっとまて、その国際機関とやらは本当にまともなのか?
日本人はそういう角度から入るべきだと思います。

そしてまっとうな対外宣伝をろくに行わず、
反日宣伝をやりたい放題させてきた外務省などは権限を大幅に縮小して
外交宣伝部門を内閣直結で作った方がよいでしょう。

コメント

  1. 杉田水脈議員がマスゴミの槍玉に上がる理由はそこですね。
    ま、ワタシは杉田水脈を支持するのみ。

  2. 狂同痛信記事を元に配信した報道各社は
    「配信元は狂同痛信で、それを確認不足のまま配信してしまったので誤報になったニダ」
    と、いつもの責任転嫁すれば良いのにね。
    何故言わないのでしょう。

    福田紀彦
    「思想ではなく不安ガー」ってw
    これ、モロに「思想が根底にある」事を逆説的誘導してますね。
    いつもの手口で分かりやすいです。
    カルトにありがちな。
    なかなか他の自治体の実情を知る機会は少ないですが
    自分の地域すら、表面化しない裏事情が入り組んでて辟易とするくらいですし
    腹を据えて、地道に継続していく覚悟が必要ですね。

    国際機関
    戦前、というか、世界史的に見れば中世ヨーロッパとか
    その辺りからの、それこそ「思想的発想」が根底にあるみたいです。
    戦後から日本の偉人らの努力で、昔ほど欧米からの偏見は少なくなった気がしますが
    それを阻害しているのが、寧ろ反日系(国内外問わず)なんだろうと
    想像に難く無いですね。
    仮に第三者は、部外者から当事者へ誹謗中傷して来たとしても、
    即信用はしないものですが、
    (表面上)同じ同族からの「ご注進」であれば蔑ろにしませんからね。

    いずれも肝心なのは「情報」。
    それが日本では「ある勢力」に発信機関が制圧されてる現状が大問題です。

    例のクルーズ船
    どうやら「あの団体系」は汚仲間でツアー観光か何かだったのか
    1人2人ではなく十人〜?以上?乗船してるような感じですね。
    もしかして、何らかの方法でウイルスを持ったまま下船して
    日本国内拡散を謀っている可能性も否定出来ません。
    疑惑が益々深まります。
    ピース暴徒の入港も、早期に事前拒否して欲しいです。

  3. 国際機関信奉脱却すべし、本当にそうですね。中の連中、みんな、中華まんじゅう食べ過ぎ。
    そう言えば、秋元司議員、保釈されたそうですね。3000万円なり!(オレは饅頭なんか食ってない!小籠包をつまんだだけだ!)狂気の沙汰もなんとやら、国会復帰予定だそうですので、是非とも早急に戻っていただきたいと思います。周りの反応に興味がありますので、よろしく。

  4. 『被害者との間には、圧倒的な力の差があります』というのだったらその力の差を照明してほしい。
    近頃外国人が国民より優先される事例が多すぎて国民の意向が無視されているからそういう苦情が来るんだよ。
    日本の自治体の仕事は飽くまで日本人のための仕事。日本人から苦情が出るような外国人のための仕事を自治体が勝手な判断で行ってはならない!
    自治体の『自』とは日本人のことであり、自治体は国際機関の代理人や下部組織となってはならない。

  5. 紀、彦、昌、雅、博、志、勝、晶、哲、央・・。

    通名ども、人擬きが名前に付ける好きな文字。

  6.  今回のコロナウイルスの件で、WHOは中国の犬ということが立証され、広く認識されたと思います。

     しかし、わが政府もその処置に「WHOの基準が~」と指標にしているのも目にします。
    一方で、このブログでもとりあげられた、台湾をWHOに参加させるという動きもあります。

     この機会に、WHOをまず手始めに、ハッキリと存続にNOをつきつけて別団体を立ち上げる
    ようなはたらきかけを応援する必要があると思います。
    (次はIMFですよね)

  7. >デマ記事を書いても絶対に謝罪どころか訂正もしない共同通信
    ちょっと前の記事のコメでも別件でありましたが…酷いですね!そして、このようなクソが政治に重大な影響を及ぼしてきたというのは間違いないでしょう。

    こうやって事実を晒上げて拡散し行くのはとても大事なことだと思います。
    心ある発信に感謝です!d(`・ω・´)b

    >財務省の言うとおりにやってきたこの30年。
    >日本だけがずっとまともな経済成長をしないまま続いてきたのです。
    財務省の連中が省益に目がくらんでやっているというのは確かでしょうね。
    そして、このせいで失われた30年が結果的に中国の経済的侵略を助けたのも事実だと思います。

    消費税の影響で内需に重大なマイナスが発生しているのは事実だし、そうれは貿易にあまり関係のない産業までことごとく潰してきたという事実でもあると思います。

    それに、またIMFがおかしなことを言い出しましたけど、やはり罪務省の差し金でしょうね。結果的に財務省は日本に敵対する勢力の手先機関にもなっているといえると思います。

    他国から見たら日本が自滅する分には何とも思わないだろうし、むしろ喜んでいる国が多いでしょう。外国人で日本が好きというのは沢山いるけど素晴らしい日本なんて思っているのは極々少数だと考えるべきです。事実、他国の人はその自国の事を一番だと考えるのが普通ですしね!

    そして兎にも角にも…
    やはりできることは選挙へ行ってましな選択をすること。そして、ダメなことはダメとはっきり意思表示と発信、拡散をして行くということなんだと思います。

    かねがねブログ主が言われている通り時間が掛かるもどかしさがありますが、実は一番の近道なんだと思います。

    >杉田水脈議員がマスゴミの槍玉に上がる理由
    >ワタシは杉田水脈を支持するのみ。
    (゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

    さて…崎陽軒シウマイ弁当は届かなかったようで残念ですが、まあ事情があるのは大いに予想がつくので仕方がないですね。

    で、望月某が北海道新聞を引用して野戦病院とかのたまったらしいですが、明らかに事実と全く違うのは確かですね。もう20年以上前ですが、実際に野戦病院を知っているご老人がこの手の軽い発言に対して「お前は野戦病院見たことあんのかよ!」という話をしているのを目の前で聞いていたことがあります。この野戦病院という言い方はマスゴミやおパヨさんが刷り込みに使ってきた便利な言葉なんだと思いますね。

    望月某がいつまでもクソをまき散らしているマスゴミは何が何でも人の不幸を作り出したいだけのクズの集まりなんだなぁ~と強く感じましたね。

    まあ、私も野戦病院なんて見たことはありませんけど…
    ぱよぱよち~ん!

  8. 共同通信は捏造ニュースばかりで反日ばかりなので共謀通信って呼んであげるべきだと思います。

  9. >日本人には長年にわたって「国際機関がー」とすり込まれてきて

    日本人は日教組の学校でも「国連は正義」のように洗脳されてきました。
    でも冷静に考えれば、国連は戦勝国が自分達の都合のいいように世界を支配する為の組織である事が分かります。
    何が正義なもんですか(怒)
    敗戦国の日本は戦勝国の国連に従わざるを得ず、国連憲章の「敵国条項」や「日本国憲法」に縛られて、軍隊すら持たせてもらえなかった日本人もそろそろ我慢の限界です。
    国連は本当にクソです。

  10. 国会がひどすぎます。小学校高学年のクラスで、アスペ児童がさんざん先生を罵倒し、先生が腹に据えかねてふざけるなと言ったら、「先生に暴言を浴びせられた。もう授業受けてやらねえからな」と言ってその児童の一派が教室から出ていって、マスゴミという名のPTAが先生を一斉に攻撃し、ことなかれ主義の校長がこのままだと授業時間が確保できないので、ひとまず謝りなさいと先生を説得した。そんなところでしょうか。

    • 仰ることはわかりますが、アスペルガーについて誤解を招くことになりはしませんでしょうか。
      国を憂い、民を思うお方にしては筆が滑ったように思います。

  11. >共同通信
    .虚報(共謀)通信が全国の新聞やテレビなどへ落書き配信して金儲け。
    この、 不思議の国。

    >福田紀彦市長
    .拉致問題実効犯に川崎市の税金から補助金が入るようにしたのが市長なんですね。
    不思議を通り越して蒙昧に。

    >日本においてリベラルを名乗る連中が主張している話は
    どれもこれも社会に分断を作っていく内容になっています。
    . 先日コメ欄で「火事だと叫ぶ放火犯」との例えが出てましたが、自称リベラルは殆どコレ。
    問題はそんなのに社会的地位が与えられちゃっている不可思議さ。

    話題の国連ですが、米が新たな国際的枠組みを作ることを検討すると、何処かで読みましたが、自然の流れかもしれません。
    毎日の深掘りに感謝ばかりです。

  12. 国際連合は、United Nationsの訳とされているが、原義は「連合国」。
    連合国を国際連合と訳したのは、極めて政治的、大衆慰撫的なものであることは周知の事実。
    この戦後体制に揺さぶりをかけているのが、ほかならぬトランプ大統領。
    アメリカが主導した組織が、アメリカにとって頸城になっている。
    今は、そんな組織を改変する好機と思う。
    外交力がその突破力となる。大いに期待したい。

    WHOという中共に頬を札びらで撫でられた組織も同様。
    今回、流行の肺炎に名前をつけたが、それは無視。
    伝染病の発生源、その無能、いや卑怯な対応を後世に語りつぐためにも、
    皆様、大きな声で、はっきりと「武漢肺炎」と言いましょう。

    そんな厳しい情勢下、野党は、
    「桜だ、桜だ、わっしょい、わっしょい!」
    「北村大臣をいじめろ、わっしょい、わっしょい!」
    「政府の対策は後手だと後付けの難癖で、わっしょい、わっしょい!」

    中共発祥のウイルスと政界に棲み着くウイルス、ともに駆除しましょう。

    クルーズ船内のあの優雅な左翼老人、身元がばれ始めて、少しおとなしくし始めたようです。こいつは永遠隔離で十分。

  13. 「国際連合」とかインチキな訳がされている「連合国」、日本とドイツを潰せば世界が平和になるとかいう、朝鮮戦争でいきなり破綻したようなアホな前提で成立した団体なので、日本はいまだに継子扱いされています。
    こんな戦勝国の世界支配の道具のような代物でも、現実に世界を仕切っているので日本も関係せざるを得ないですが、こんなもんに過度な期待や貢献は要りませんね。北朝鮮を制裁するのに利用するとかだけでいいです。
    ましてや「国連中心主義」など錯誤もいいところです。
    マスゴミ、赤デミー、霞ヶ関が日本人を押さえ付けるときに持ち出されるところに「国連」のいかがわしさが現れています。
    あらたなる国際的枠組みの成立が望まれます。

  14. 世界の紛争を、ちっとも解決できない国連さん。ひどい人権蹂躙国や地域に、ろくに遺憾砲さえ発射できない国際機関。
    理事国は、紛争地域に武器を売る利権が巨大ですね。世界の紛争、美味しいです、ということ。

    一方で、従順でカネ払いが良くて、モノを言いやすい相手には偉そうに振る舞う。権威を見せつけ、維持しないといけませんからね。お隣さんは、事務総長を輩出して「世界大統領」などと、トンチンカンな妄想にふけっていましたが。

    国際機関さん、怪しいNPOや市民団体の訴えにはハイハイと耳を貸す。それを受けて、「国際機関さまから来てやったぞ」と指導に来る「白人系」パヨク。日本のマスゴミは、黄門さまの助さん拡散に相勤めます。
    こんなこと、いつまでも続けるべきではない。日本も世界も良くならない。
    ぱよぱよち〜ん。

  15. 本日も更新をありがとうございます。
    >国際機関病から脱却すべし
    >退席が目的なら与党に質問時間を返せよ
    国会が停滞、というか機能不全に陥っていることが大問題です。
    事実を拡散していかないと、最悪な結果を招きそうです。
    電人様の例えは、その通りですね。溜息しか出ません。。。
    桜ガー、総理ガー、と言っている人達も、武漢肺炎コロナウイルスに感染する確率は国民と大して変わらないのですよ。
    >「国際機関がー」
    も、ネットでは全く相手にされないのですけど…。

    帰国第一便の人達が帰宅できてよかったですね。勝浦市民の皆様の支援は大きかったようです。今年はホテル三日月に宿泊したいと思います。(勝浦の夕食にシューマイ弁当が配られた?ようです。船内に持ち込めないものはこちらで召し上がられたのかも?)

    ダイヤモンドプリンセス号の乗船年齢の高さに驚きました。どういう営業をしていたのでしょうか?高齢者がこの人数で海外に渡航するのですから、相当な保険?非常時に文句ばかり言っている声は“老人”ですね。みっともない。まあ、アッチの人達でしょうけど。
    マスゴミが報じない助け合いがTwitterで見られます。

    15日に“ピースボート”のオーシャンドリーム号が寄港予定ですがいいのでしょうか?
    既に欧州では日本人学生用のプログラムが受け入れ中止になってきました。日本を含むアジア地域に渡航をしたら2週間は隔離との通知も。日本が感染汚染地域認定になりつつあります。(渡航する学生は現地の反応に気をつけて。)
    中国からの航空便も禁止にしなくていいのでしょうか?残留邦人がかわいそうでも決断が必要です。(選択する時間はあったのでは?)

    親中議員達のリスクを考えないインバウンドバブルの巨大ブーメランですね。
    国会で法整備を早急にしてもらわないと。なんとか乗り越えたいですが。

  16. 裏切りが国是の極左シナ朝鮮はいい加減にせよ‼️

    極左中国公船4隻、尖閣沖で領海侵入‼️ 日本がマスク❗️や防護服❗️を送るなど中国に手厚い支援をしたのはなんだったのか・・・⁉️
    2020年02月08日22:27

    尖閣沖‼️の接続水域 中国海警局の船2隻が航行 ⇒ホントにズル賢い奴らですね⁉️しつこいしつこすぎる‼️
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012276431000.html
    2020年2月7日 16時45分
    no title

    第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。2隻は7日午後3時現在、尖閣諸島の魚釣島の西およそ26キロを航行しているということで、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

    極左中国公船4隻、尖閣沖で領海侵入‼️ 海保の警告で退去 ⇒共産党ってホントにどうしようもない人間のクズですね!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000046-asahi-soci

  17. ■アビガン
    エボラ出血熱に効果があるといわれる薬アビガン錠を作った富山大学教授白木公康を特集する。

    エボラ出血熱に効果があるといわれる薬アビガン錠を作った富山大学教授白木公康にインタビュー。インフルエンザの薬として作られたアビガン錠は最初に「どの範囲のウイルスに効果があるのか」が試験された。ウイルスは大きく分けてDNAウイルスとRNAウイルスに分けることができ、アビガン錠はインフルエンザやエボラ出血熱が属するRNAウイルスほとんどに効くことがわかった。

    2014年8月、猛威を振るうエボラ出血熱にWHOが「エボラ出血熱に未承認薬を使うことは倫理に反しない」と異例の発表をした。これ受け使用された薬の一つがアビガン。スペイン人やノルウェー人患者がこれにより回復した。

    1993年、富山化学工業は白木公康の監修のもとウイルス感染治療薬の開発を開始する。そして1997年に方向転換をし、インフルエンザなどの治療薬の開発を始めた。この当時、手作業で週に約600化合物を試験し、ウイルスに効果のあるものを探したという。そして1998年、アビガンのもととなる化合物を発見した。当時を振り返り、白木公康は「 これまでの考え方に全くない新しい化合物だったのでこれが効くのならば素晴らしい結果が出るだろうと判断した」と語った。そして2000年に学会でインフルエンザの薬として発表されたが、前年に発表されたタミフルによってアビガンは注目されることはなかった。そして2002年にアビガンの開発は中止された。
    https://kakaku.com/tv/search/keyword=%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%8C%A0/

  18. コロナウイルスは、富山化学工業は、富山大学白木公康教授監修の研究によって終焉を迎えそうです。何故かというとこの富山化学工業という会社は、「越中富山の薬売り」で有名な富山県の会社です。ウイルスバスターズの研究に全財産をつぎ込んでしまったのです。その意気込みは凄いのです。
    アビガンという薬を遂に完成させたのです。しかし、タミフルが特効薬になったので、アビガンが世の中に出ることはなかったのです。富士フィルムHDの子会社になって、さらにこのアビガンの研究開発を進めたので、このアビガンという薬はもうできています。
    これを開発したのが富山大学の白木公康教授です。このアビガンで全てのウイルスの感染を予防できるというのです。「鳥インフルエンザでも、どんなウイルスにでも効く」と言っているのです。
    「日本でそれを早く使えばよいのではないか?」と言っている人もいますが、実はまだ日本ではコロナウイルスに感染して重症患者が出ていません。重症患者でないと、このアビガンはどのくらい効き目があるのかわかりません。重症患者が出たらアビガンを使えばよいのです。

    「白木教授を守らなければいけない。このような薬が世の中に出るとアメリカの製薬会社が非常に迷惑をする。自分たちの薬が売れなくなる。従って、白木教授を抹殺しようとするという動きがもう出ている」と言うのです。
    その話になると、つまらなくなってしまいます。それは軽く聞き流したほうがよいでしょう。アビガンというのはどのような薬なのかというと漢方薬の一種です。富山化学工業は越中富山の薬屋さんです。漢方薬をいじくりまわした結果としてアビガンがウイルスに効くのです。
    何故かというと、ウイルスは自然界に発生するものですが、生物でもなければ、無生物でもありません。変な存在でわけがわかりません。このようなものに対しては、やはり東洋医学のほうが効果があるのではないでしょうか?
    目の付け所がよいのです。事実、昔は肺結核になると高麗人参が最高の薬とされてきました。高麗人参は肺結核菌に対して作用するのです。だから、効果があったのです。熱を下げるというのではなくて、何しろ免疫ができるのです。肺結核の最高の特効薬が高麗人参だったのです。
    その元を訪ねると、インドのアユルベーダなのです。インドの首相は、「我々は古代のアユルベーダに立ち戻ってウイルスに勝たなければならない。よく文献を調べて、研究するように」などと演説までしているのです。
    アユルベーダは油が中心です。油を体に塗りこむのです。その時に油の成分によって、ウイルスによる抵抗力がついてくるのです。頭にも油を塗るのです。全ての医学の元はアユルベーダにあるのです。
    アユルベーダは不思議な文献で、起源がわかりません。いつ書かれたものかわかりませんが、昔からインドに伝わっている文献です。その中には解剖学もあれば、漢方薬もあれば、針治療もあります。全ての医学がアユルベーダには入っているのです。
    シナ人がインドのアユルベーダに学んで、針治療を盗んだのです。それをもって「鍼治療は中国起源だ」とウソを言っているのです。針治療はアユルベーダの極意です。
    シナ人が鍼治療を持ち帰って鍼治療を始めたのです。それから、漢方薬を持ち帰ったシナ人もいたのです。それは漢方医学になったのです。それから、お灸もアユルベーダが発祥です。これらは免疫療法です。
    そのような治療法はインドでできたのです。インドで学んでそれを自分の国へ少しずつ持ち帰って、シナ人は最初から自国にあった治療方法のようなことを言っているのです。日本の漢方医学の元はアユルベーダです。
    アユルベーダは面白いのです。スマホのスティーブ・ジョブズも学んでいたのです。アユルベーダは、日本語訳などはまだありません。英文の訳があるくらいです。アユルベーダを学ぶと、まだ未知の知られていないものが沢山出てきます。

  19. 和歌山でも外科医が武漢肺炎に感染しているのだが、この外科医は中国との関わりは確認されておらず「いつ、どこで、誰からうつされたのか」が分からない。この外科医が勤める院内の他のスタッフも陽性だった。日本はもう同じ日本人から武漢肺炎をうつされる局面に変わった。

  20. 今日は。
    常々思うのですが、法学部出身者に経済や時勢の事が分かっているのか 任せて良いのか。法律って線引でしょ。経済は生もの と言いながら、生物が定規に振り回されて滑稽にしか写りません。

タイトルとURLをコピーしました