改憲阻止、安倍潰しのためにデマの洪水攻撃ですね

政治


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

共産党のアジビラである週刊文春がこんな記事を出しています。

【安倍首相が代表の選挙区支部 「桜を見る会」に旅費支出の疑い】
「桜を見る会」とその前夜祭について、「週刊文春」は、安倍晋三首相の従来の説明と食い違う、新たな証拠を入手した。

 安倍首相は11月15日の会見で、自身の政治団体の収支報告書に前夜祭などに関する記載がないことを政治資金規正法違反(不記載)と批判する声に、こう反論していた。

「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」

 だが、今回「週刊文春」は、一枚の領収書を入手。そこにはこう明記されている。

〈¥890,710 但し、2015/04/17~2015/04/18 旅費として〉

 これは、自由民主党山口県第四選挙区支部(以下第四支部)の収支報告書に添付された領収書で、第四支部が約89万円を「サンデン旅行」(山口県下関市)に支出したことを示している。サンデン旅行は安倍事務所と協力して「桜を見る会」ツアーを組んだ旅行会社であり、但し書きに記載された日付は、2015年の「桜を見る会」および「前夜祭」が行われた日付と符合している。ツアー参加者らの証言からは、参加者の接待のために地元事務所の秘書やスタッフがこぞって上京していたことが判明しており、この「89万710円」は、彼らが上京する際の旅費だったと見られる。

 第四支部の代表は安倍首相。首相が前夜祭と桜を見る会のために上京するスタッフの旅費を出したのであれば、主体的に一連の行事にかかわっていた証拠といえる。

 神戸学院大学の上脇博之教授が解説する。

「これらの行事に安倍事務所のスタッフが“政党支部″のお金を使って参加していたとすれば、問題はさらに深刻です。支部の代表は安倍首相ですから、れっきとした安倍首相主体の政治活動といえる。そうなれば、やはりツアーや前夜祭の開催について収支報告書に記載がないのは益々おかしい。また政党支部には税金が原資の政党交付金が支給されています。その使途について、支部の代表たる安倍首相は、きちんと説明する義務があります」

 サンデン旅行の竹重秀敏社長を直撃すると「何も答えられない」。別の役員は「(旅費は)事務所の方が出張で飛行機に乗ったもの。宿泊費は入っていません」と答えた。

 安倍事務所に質問状を送付したが、回答はなかった。

 11月28日(木)発売の「週刊文春」では、安倍首相と報道各社の政治部官邸キャップとの懇談会の模様や、森喜朗元首相らと首相在職日数記録更新を祝った宴の詳細、また桜を見る会での集合写真を巡る疑惑などについて詳報している。
(2019/11/27 文春オンライン)

これは極めて悪質な印象操作狙いの記事と言えます。

前夜祭と同じ日に安倍事務所のスタッフの旅費を支出が記載されていたから
前夜祭全体の収支も収支報告書に記載していなければおかしい。
と、胡散臭い教授が不適切な解説コメントを付けている記事です。

神戸学院大学の上脇博之とありますが、
この人はそもそも共産党と関係の強い教授で、
近年は9条護持のために反安倍で活動を続けてきた人物です。
そして政治資金の観点からこの数年
閣僚の誰それに違法の疑いがある、官房長官の支出に違法の疑いがある
等々、安倍総理と閣僚達の収支報告書の資料請求を行っては
政治資金規正法違反だの疑惑だのと共産党の地方支部などで発表してきた人物です。

上脇博之の著書も9条守れ、改憲阻止、
菅官房長官の裏金疑惑を掴んだ等々となっています。

ほんとに違法だというのなら官房長官の裏金問題なんて
大騒ぎになっているはずなんですがそういうことは全くなかったのが全てでしょう。
稲田大臣にも政治資金規正法違反がーと共産党支部で発表していたようですが、
こちらも他では全く騒ぎにならなかったという結果が全てでしょう。

また、この人物の著書はの多くは
全労連や民医連と関係の強い日本機関紙出版センターから出しています。

ですので共産党に乗っ取られている週刊文春らしく
まさに共産党系の人脈を連れてきて取ったコメントと言えます。
全く中立性は担保されていません。

安倍総理参加で行われた桜を見る会前夜祭は
旅費は参加者の各自負担となっていました。

安倍事務所スタッフが移動するために
飛行機代をまとめて代理店に依頼するのは問題ではありません。
安倍総理事務所として支出しているのであればむしろ記載は当然の話です。

前夜祭だけが安倍晋三事務所の仕事ではありませんし、
前夜祭の費用については参加者とホテルで直接やりとりしているのですから
安倍晋三事務所としての収支とは全く別の話です。
むしろ前夜祭の明細を政治資金収支報告書に記載するほうがおかしいです。

上脇博之の解説とやらの
ホテルと参加者間でやりとりした収支であるはずの
前夜祭の収支を安倍総理の政治団体の収支報告書に記載しなければますますおかしい。
などという解説が全くおかしいのです。

明らかに読者をミスリードするための記事だと言っていいでしょう。
そして見出しでは「疑い」ということにしておくことで
訴訟対策としているのでしょう。

完全に共産党のためのアジビラとなっていると言っていいでしょう。

文藝春秋社は前の社長が民青上がりで有田芳生の盟友のガチの共産党員でした。

そして社長になるや保守系論壇誌の廃刊など
やはり共産主義者のいつもどおり自分の思想に合わないものを潰し、
自分の思想に合わない人達を干したりしていって
週刊文春を共産党のアジビラへと変えていきました。

このため週刊文春は共産党に都合の悪い事には全く触れなくなりました。

ついでに文春がらみで甘利大臣の秘書が賄賂を受け取った
などと騒ぎになって甘利大臣が辞任した件について
あらためて触れておきたいと思います。

かつて甘利大臣の秘書の1人だった清島健一が
薩摩興業の一色武からの依頼でURに口利きを行い
薩摩興業の一色武から賄賂を受け取ったことを賄賂を渡した本人が告発。
しかも文春はその現場の写真まで撮ることに成功していた。

というのを核心部分として
週間文春が一ヶ月半にわたって特集記事を出して甘利大臣を辞任に追い込みました。

甘利氏の当時の秘書の1人、
清島健一に薩摩興業の一色武という人物が接触してきました。

千葉県の公有地への道路工事が決まると
その建設予定地の一部に事業所を建てて居座り、
立ち退き料で稼ごうとしていたのが薩摩興業でした。
およそまともな企業と呼べるものではありませんでした。

こんな会社の総務担当という肩書きの一色武が
甘利事務所側に接触をしようにもそのままでは難しいのです。

そこで薩摩興業は肩書きを付けました。
それが「千葉県中小企業家同友会副会長」という肩書きでした。

当時およそまともな企業としての実態がなかったにもかかわらず、
千葉県中小企業家同友会は一時期この薩摩興業を副会長にしていたのです。
そしてこの肩書きでもって甘利事務所側へ接触しました。

中小企業家同友会が民商とならんで
共産党関連団体であることは言うまでもありません。

また、当時薩摩興業が使っていた電話番号の
047-492-XXXX(念のため伏せました)ですが、
千葉県中小企業家同友会の会員である野水鋼業の本社の電話番号でした。

薩摩興業というのがいかに企業としての実態がいい加減であったかよくわかると思いますし、
千葉県中小企業家同友会が薩摩興業の企業としての体裁を作っていた事がわかると思います。

また、この薩摩興業の一色武という人物は
一時期、大日本青嵐同志社という極右団体に所属していました。
この大日本青嵐同志社の平成19年の収支報告書を見ると
唯一「寺床博好」なる人物が寄付をしていました。

d0044584_14184912.jpg

この寺床博好こそ薩摩興業の社長です。

寺床博好氏は一色武と面識がないかのように
産経だったかの取材に答えていたようですが、
極右団体構成員と共産党関連企業の社長、
そして活動資金を寄付していたという実態があるので
一色武との関係を誤魔化すための嘘の説明でしょう。

「極右団体は右派が白い目で見られるようにするための成りすまし」
なんていう噂がよく流れますが、
まさにその構図に見えるんですが?

ちなみに賄賂を受け取ったとされる秘書の清島健一は江田憲司の元秘書でした。
こちらもその肩書きでもって甘利事務所へと入った形です。

週刊文春での一色武の告発記事の肝となる録音されている部分、
一色武から清島健一が賄賂を受け取っている場面とされる
この部分は文春が記事にする2年以上も前の話なのに、
なぜか文春のスタッフがその場に居合わせていて写真を撮っていたのです。

偶然だというのにはあまりにも周到に仕組まれすぎです。
念入りに仕込まれていたと言っていいでしょう。

で、なぜ録音できていたのか
という疑問点についてわざわざ文春は
一色武の以下のコメントを記事にしています。
—–
「私が、URとの交渉だけを詳細に記録していたというなら『嵌めた』と言われても仕方ないでしょう。しかし、私は、もう何十年もの間、日記やメモをつけてきました。また、『言った、言わない』を避けるために、さまざまな交渉を録音するようにしてきました。URとは別件の交渉も、録音やメモなどが残っているのです。録音も、文春から依頼されて録ったものではなく、以前から私が記録用に保管していたものです」
—–
あらゆる交渉について記録を取るようにしているから
証拠は不自然ではないですよを強調しておきながら
「清島健一がURへの口利きをを提案した」
というもう一つの肝心な部分だけは一色武は「私の記憶に間違いは無い」と
メモも録音もなく記憶だけなのです。

贈収賄にするのならその関係が成り立たなければいけません。

口利き関係の部分についてはすべて一色武の記憶。
賄賂を渡したとされる場面は録音録画、文春の写真撮影付き。

清島健一に一色武が私的に金を渡したのなら
収支報告書に無くて当然ですし、当然ながら贈収賄も成立しません。

そして週刊文春と一部の赤いメディアは一色武に接触できるものの
保守系メディアは一色武と連絡を取る方法がなく、
その後一色武は行方をくらましています。

その後の薩摩興業はどうなっているかといいますと
いまだ居座り続けており、
薩摩興業が居座っていることでそこにかかる110メートルの区間だけ
道路工事ができないままの状態になっています。

週刊文春はこの占有屋である薩摩興業について
誌面では徹底して企業名を伏せ、
「(建設事業を請け負っている)URとの補償金交渉」
という事にしてごまかし続けました。

甘利大臣が辞任に追い込まれたこの件では
「議員と直接関係の無いところで疑惑を作って騒げば狙った議員を潰せる」
という実例を作ってしまったと言っていいと思います。

甘利大臣の件でも
やはり週刊文春のスクープとやらに見え隠れするのが共産党なのです。

ゆえにブログ主は週刊文春を日本共産党のアジビラ
という位置づけにしています。

文藝春秋社は有田芳生の盟友の松井清人が社長になり、
共産主義者らしく他の意見を排除していって社内を赤く染めあげ、
仕上げとして会社を自身の私物として乗っ取り、
自身は会長になって院政を敷こうとしました。

これでついに文藝春秋社内でクーデターが起き、松井清人は社から追放されました。

ですが、思想の合わない雑誌を廃刊にし、
社員たちを追い出すなどして赤く染めてきた文藝春秋社は
もはや自浄できる状態ではなかったのです。

そして松井清人追放後の今も日本共産党のアジビラという状態が続いているのでしょう。

一方、週刊新潮はというとこちらも
今週は「安倍にありもしない疑惑の印象操作だ」とばかりに
情けない記事を出しています。
これが目玉の記事らしいですよ。

【安倍総理「秘書ご子息」のケンカに捜査1課を投入した次期「警察庁長官」】
 安倍総理の秘書ご子息の単なるケンカに警視庁捜査1課を投入したのは、「官邸の番犬」だった。総理ベッタリ記者のレイプ逮捕状を握り潰す一方、権力者側と軋轢を起こす者は逮捕する前代未聞の忖度捜査。そしてこの「警察国家の雄」は次期警察庁長官間違いナシなのだ。
~以下省略~
(週刊新潮 2019年11月28日号掲載)

総理の秘書官って総理が任命したのと
警察庁などから送り込まれてるのといるのですが、
その秘書の子息のケンカに「捜査一課」って
暴行事件などを担当する警察が出たってことは
それなりに派手なケンカだったってだけの話でしょう。

ただそれだけの話なんですが、

週刊新潮は記事でこんなことを強調してたりします。

 本誌は加害者に接触することは出来なかった。しかし、忖度捜査の痕はしっかり残されていたのである。

「忖度」って言葉が使いたかっただけですね。
こんな記事書いてるくらいなら潰れていいですよ、ほんと。

さらに新潮はこんな記事まで出しています。

【大阪小6少女誘拐 容疑者は「安倍晋太郎」金庫番の孫だった…父“自殺”のトラウマも】
(2019/11/27 デイリー新潮)

安倍晋太郎が亡くなったのはもう30年近く前。
その安倍晋太郎事務所で秘書を10年ほどやっていたことがある人物の孫が大阪小6誘拐容疑者だった。

うん、すっげーどうでもいい記事ですねこれ。

ここのところのマスゴミのひどい印象操作について
いくつか並べてみますと

・桜を見る会に元暴力団員がー
  →20年以上前に足を洗っていて法的にも民間人扱いです。

・桜を見る会に反社がー(ジャパンライフの元会長山口のこと)
  →ジャパンライフの山口は柿沢未途へ献金を繰り返しており、
   立憲民主党会派の柿沢未途の父の柿沢弘治の代からの応援者だった。
    →ジャパンライフの山口って柿沢未途の推薦で桜を見る会に出たんじゃねーの?

・安倍事務所に前夜祭の明細や領収書がないのはおかしい!
  →ホテルと参加者で直接会計だったんだからむしろあるほうがおかしいです。
   (※あったら領収書が二重に存在することになります)

・参加者の名簿を隠蔽するな!よこせ!(by立憲民主党)
  →個人情報仕入れてなにに使うつもりですか?

・名簿が処分されていたー!違法だー!(森ゆうこ)
  →文書保存規定に反してないんだから問題ないじゃん
   (※森ゆうこは他の省の他の文書保存規定を持ち出して違法だと印象操作)

・シュレッダーがー!(by シュレッダーを見る会)
  →シュレッダーを見る事が出来てよかったですね。

なお、シュレッダーを見る会の黒岩宇洋以下メンバーがyoutuberデビューしたかのようなコラ画像が以下。

国会で国民投票法改正案を審議させないために
国会を妨害しつつ安倍総理へのネガキャンをすることが目的なので
論点をすり替え続ける、
ゴールポストをひたすら動かし続けて騒ぎ続けるという
「モリカケメソッド」
を使ってきています。
お隣の韓国が日本相手に使い続けて来ているやり口・・・と言ってもいいでしょう。

「元々の話はなんでしたっけ?」
「そもそもどういう話なんですかね?」

それでちょっと整理すれば明らかにムチャクチャだとわかるのですが、
デマの洪水でやり逃げしようとするやり口で
少しでも「安倍は悪い奴だ」等々思われればマスゴミと反日野党として成功。
というところなのでしょう。

SNSなどが普及していなかった時代はこれがまかりとおっていたのです。
ネットの普及がなかったら日本は消えていたかもしれません。

~人気ブログランキングに参加しています~
良ければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治
茶請けをフォローする
パチ倒応援ブログ

コメント

  1. >SNSなどが普及していなかった時代はこれがまかりとおっていたのです。
    ネットの普及がなかったら日本は消えていたかもしれません。
    ↑ マスゴミとネットのモグラ叩きみたいですね。
    消えてたのは、日本だけでは無いでしょう。
    米国大統領すらSNS発信ですからね。
    残るのは「アカい」勢力ばかりでしょうか。ッてコトは…察し

    「モリカケメッソッド」
    報道のつまみ食い…犬HKで一般人出席討論会で発した
    「騒音おばさん事件」を例にした方を思い出します。

    「桜を見る会」追求の仕掛け人が
    田村智子だそうで、思いっきり草生えました。
    狂惨党の自作自演かよw
    誰か吹聴した奴が居るんでしょうね。

  2. 桜を見る会に元暴力団構成員…、

    この方は現在、奈良県の町会議員。
    一般的に言えば、更生して立派な議員として活躍しているのだから、

    社会に貢献する人物として素晴らしい方だ。
    だから、桜を見る会に参加する為に推薦を受けるのは当たり前だ。
    青少年の健全なる成長に役立つではないか。

    何が問題だ ‼︎
    だと思いますが、ね。

    しかし、清島…って、何やらアッチの香りが漂う苗字ですなあ。
    相手の一色も、民腫政権下での支那漁船突撃事件の一色氏から取って付けた様な。
    収支報告書に寺内博好という名前を書いた人物も、博と好の文字の書き方が、香ばしいな。
    博の右側、専`が何を書いているのか分からないし、好が女 子になっとるし、日本語、漢字が理解出来てないのかな?

  3. デイリー新潮さん、こっちの記事もなかなか読みごたえがありますよ(違った意味で)
    最後の締めのところが、何度読んでも上の文章とくっつかないんですよ。
    自分の頭が悪いんでしょうか?

    【安倍総理と「ニューオータニ」一族はオカルト仲間、「前夜祭」問題を封印】
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11271700/?all=1

  4. 週刊文春も前は良い雑誌だったんですがねえ。もう購読をやめてます。

  5. >共産党のアジビラである週刊文春
    政治に関してはメディア全体が腐りきっていますよね。
    しかも昔から!

    確か…坂の上の雲にもメディアが散々戦争をあおった話とか、日露戦争後に保証が安すぎるからメディアが戦争続行しろと煽ったみたいなのがあったと思います。

    第二次世界大戦前では政権交代が目まぐるしく行われて、やはりメディアが煽りまくっていました。ところが現在は第二次安倍政権から長期安定政権になって黒歴史を再現できないマスゴミが顔を真っ赤にしているように感じます(笑)。

    国際連盟脱退の記事なんてアホ丸出しだったのはご存じの方は多いでしょう。英語を禁じる敵性語なんてのはメディアが始めたといわれています。実際に日本軍では禁止されていなかった様ですしね。玉砕の美化もメディアが率先していたようです。

    そういえば…
    メディアはことさら軍の検閲があったせいで、と言って何でもかんでも当時の日本政府のせいにしていますが、そんなに検閲で握りつぶされたなら、それをまとめたものが在ってもよさそうですが…無いですよね???

    こと、政治に関してのメディアはシュレッダーを見て喜んでいるレベルといったところでしょう。なので、忙しい方はただの雑音程度に流していた方がよいのではないかと思います。そして、心ある発信やまとめを見た方がよっぽど良いのではないかと思うほどです。

    しかし…
    トランプ大統領がツイッターを使う戦術を始めたことは世界的にも大きな影響を及ぼしていると思います。前にブログ主が書いていた通り、これからはより早く事実を発信できる能力というのは政治家に必須でしょう。

    マスゴミが一斉に騒いで煽り始めたらまずは嘘だということを前提に読まないといけないというのは歴史が証明していると思います。
    ぱよぱよち~ん!

  6. 「元暴力団員」
    で思い出しましたが
    マスゴミは安部譲二を盛んにメディアに呼んでましたが。
    (「元ヤンキー」の首長はセーフですか?)

    「元逮捕者」
    逮捕歴のある「国壊議員」がのうのうと活動してますが。

    「元ヤク中」
    メディアに出ては、今だに「再犯」してますが。

  7. 共産党がワルさの大将なんだと理解出来た記事でした。
    甘利さんの失脚、蓋を開けたら、極右団体と共産党が絡みまくり。流石はアナーキーなコミュニスト。

    ところで中共で、地銀が三行ほど潰れたそうです。潰れるたびに国営化してますから、誤魔化すコトの繰り返しがどうなるのかを観察中。
    毎日の深掘りに有り難さがつのるばかり。

  8. 皆様、お待ちかねの朝日新聞の中間決算です。
    単体で営業赤字に転落ですw
    でも売り上げは増加しています。リベート出したり頑張ったんでしょうか。
    https://corp.asahi.co.jp/ja/ir/news/auto_20191125430207/pdfFile.pdf

    テレビ朝日も安倍潰しで連日の偏向報道です。
    放送法違反を見つけたら、スポンサー企業に「御社はコンプライアンス違反の
    テレビ局に広告を出すことについて、どうお考えか。御社もコンプライアンス上
    もんだいがあるのではないか。」と聞きましょう。

  9. 血迷ったIMF国際金融基金(国際金融資本側)
    無礼で無謀な要求を繰り返すIMFを退治できるのは、中国だけのような気がする。
    日本がIMF国際金融基金(国際金融資本)に協力しているのを止めれば(国際金融資本の側につくのをやめる=国際金融資本を利するのをやめれば)、奴らはイチコロだと思うんだが・・・。
    ちなみに、IMFの現在の理事であるゲオルギエバの故郷であるブルガリアは、ソ連の崩壊前は、共産主義圏だったはずなのだが、ソ連の崩壊後、西側(資本主義側)に入ったんですね。
    それにしても、2030年に日本の消費税を15パーセントにして、2050年までには、50パーセントに上げるべきだとかなんとか、勝手なことをこのゲオルギエバとかいう女は言っているが、2030年の世界(今から11年後)や、2050年の世界(今から31年後)が、いったいどういう世界(世の中)になっているかも、まったくわからない(下手すりゃ、気候とかも変わっているかもしれない、氷河期が来ているかもしれないし、エネルギ-源が何になっているかもわからない)のに、よくも、他の国(ゲオルギエバから見て)である日本に対して、勝手なことを言ってますね。
    いい大学(ブルガリアの国立経済大学や、アメリカのマサチューセッツ工科大学等)を出てるらしいんだが、本当は頭悪いんですね。
    何十年後の世界なんて、本当にどうなっているかもわからないのに、このゲオルギエバとかいう女も、IMFも、今の世界や社会や国々の状態や状況がずっと続くとでも思ってんの?もし、そう思っている(今の社会や世界や国々の枠組みが30年後もずっと変わりなく続いていると思っている)としたら、本当に頭が悪いし、もう、わけがわからなくなって血迷っているとしか思えない。
    30年後も、国際金融基金(IMF)が世界を支配していると、もし、このゲオルギエバとかいう女も、国際金融基金(iMF)が思っているとしたら、IMFも、この女(ゲオルギエバ)も本当に頭が悪いとしか言いようがない。普通に考えても、そんなことあるわけないことがこの女やIMFにはわからないんですね。

  10. IMFは、International Monetary Fundの略称で, 日本語では国際通貨基金と表記されます。
    国際金融基金などとは言いません。
    どうも勘違いや表記ミスなどではないようで、不正確な知識のうえの推測、想像での論は滑稽です。

  11. IMFとIBRDは、戦後のブレトンウッズ体制の2本柱であったが、今は、幸か不幸か設立当時ほどの力はない。
    世界経済、政治は多数の因子から構成され、複層的である。
    何か一つのものに原因を求め、それが世界を支配している、または支配しようとしているというような単純なものではない。

    国際金融資本、ロスチャイルド、ユダヤが・・・というのは、その典型であろう。
    認知的不協和を解消するもっとも単純で原始的な反応が、「単純化、二元化」である。

  12. ちょっと閑話休題、息抜きに、
    郷原信ロー、
    詰将棋を用いて19日?に、安倍総理の桜を見る会を糾弾。
    しかし、
    愚か者は、頭の中に脳味噌が無い模様。
    飛車で安倍王将に王手を掛ける。
    そして、業腹は安倍王将を4七ではなく、6七に逃がす。
    えっ、えっっ、
    ここ、この筋は香車が効いていて、王さん取られちゃうのだけど。。

    よしんば、ここの香車が昼寝しているとしても安倍王将の頭に金を移動して王手って、何の意味がある詰将棋なんかなあ。

    バカバカしくてポイしてたけど、暇潰しに野盗やその取り巻きどものアホさ加減を書いてみた。

    • 閑話休題、

      字面だけ見ると、「閑」や「休」の字があるので、話を横道に逸らせる、脱線話、余談のような印象を持ちがちですが、
      本来の意味は、余談をやめて、話を本題に戻すときに接続詞のように用いる語です。

      この誤用はよく見かけますね。
      特にネット。

  13.  「便所文春」と「便所新潮」。スクープを巡って両者は内ゲバをやらかす事がたまにありますが、品性下劣な便所週刊誌故の「近親憎悪」なんでしょうね。
     便所ヒュンダイともはやすっかり肩を並べています。

  14. 敗戦利得者に活動資金提供する大学

タイトルとURLをコピーしました