タイムリミットまであと4日

政治


人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ

前回までのあらすじ

「日本からのフッ化水素を横流ししてボロ儲けするぞ!」
2017年の就任直後から実行に移し、
日本からの協議要請もエビデンス要求も3年間無視し続けていた文在寅であったが、
ついに日本がホワイト国除外へと決定を下す。

今すぐホワイト国除外を撤回しろという文在寅の要求に対して
日本は
「他の国と同じようにきちんと書類そろえて手続きすれば今まで通り買えますよ」
という説明を繰り返すのみ。

実際にフォトレジスト等はきちんと申請している分は買えている。
しかしイランや北朝鮮に横流ししまくった高純度フッ化水素は
それまでのエビデンスを出せないために購入できない。

一方、景気対策を全くしないまま強制的に大幅に最低賃金を引き上げてきた事による
韓国経済の悪化が隠せなくなってきた。失業の悪化が深刻化しはじめてきた。

「なんとかしなければ」
悩んだ末に文在寅は画期的アイデアを思いつく。

「電気管理士」等の名前を付けてそれっぽい公務員を大量に増やした。
名前は良いが「大学などで講義していない教室を見つけたら消灯するだけの仕事」だ
給料もたばこ一箱分しか出さないがこれで就職者数を水増しすることで
完全失業率を3%にまで偽装した。

しかし、なんということだ。
あれほど恫喝したのに韓国のメディアがみな韓国経済の悪化を指摘しだした!
不味い、反日でブーストし続けているのに支持率も落ち始めた。
なんとしてもごまかさねば!ごまかさねば!

「日本による輸出規制、経済制裁が原因だ!日本は韓国が信用できないと言って経済制裁を始めた!信用できないのであればGSOMIAなど無意味だ!報復としてGSOMIAを破棄する!」

大統領公式表明として韓国民全てに届くように発表した。
文在寅の狙いどおり、韓国の民意は文在寅政権の支持率の回復の兆しという成果を出した。

まだだ!まだ足らない!
「日本が韓国へ不当な輸出規制をしているのだ!撤回するまで韓国は日本への経済報復をする!」
文大統領は韓国民に呼びかけた。

盛り上がる日本製品不買運動、
そして韓国から日本への旅行の取りやめも次々に報じられる。

「これで日本は相当苦しんでいるハズだ。日本が諦めてホワイト国除外を撤回するだろう。」

そんな事を考え始めた文在寅に無情な報道が届く
「韓国LCCが軒並み大赤字!アシアナも大韓航空も破綻の危険が!」
「韓国LCCのイースター航空が売りに出されました!」

日本への経済制裁は韓国へのセルフ経済制裁となっていた。

「・・・それでも!それでも日本もタダでは済まないハズだ!」
文在寅は日本への経済制裁に手応えを感じていたはずだった。

日本では他の国の観光客が入れないほど枠を埋めていた韓国人が減り
空港の発着枠も埋めていた韓国の航空会社が空いたことも手伝って
韓国以外の地域からの旅行客が増加。
観光客一人当たりの支出額が圧倒的に少ない韓国人に変わって
他の国からの観光客が埋めたその枠はむしろインバウンド収入増加という結果をすぐに出していた。

「・・・そんな!そんな馬鹿な!」
しかし、いちど振り上げた拳をなにもせず下ろすわけにはいかない。
文在寅は決して負けも誤りも認めない。いや、認めるわけにはいかない。
朴槿恵を失脚させたロウソクデモが今度は自分に牙をむいてくるからだ。

負けを、誤りを認めてはならない。それは韓国の文化と歴史と伝統に基づいたものだ。

「まだだ!GSOMIA破棄を宣言してから米国が繰り返し韓国に怒鳴り込んで来ている。
つまりGSOMIA破棄が効いているということだ!」

GSOMIA破棄で日米とも慌てているのは明らかだ。
11月22日までに必ず日本も米国も譲歩するはずだ!

・・・文在寅は気づいていなかった。
日本ではそんな韓国を手首を切るブスだと嘲笑っている事を。

「ホワイト国除外を撤回しろ。これがGSOMIA破棄を撤回してやっていい条件だ。」

文在寅は強気な姿勢を崩さない。

11月17日、日韓の防衛大臣が会談を行った。

「・・・なん、、、だと!?」

日本側の防衛大臣は河野太郎ではないか!
徴用工への賠償に日本をハメるスキームを悉く外務大臣として却下してきたあの河野太郎だ!

防衛大臣はパチンコ議連の岩屋ではなくなっていた。
あの冷酷な河野太郎だ!
「チクショウ!安倍め!」
文在寅は心の中で叫んだ。しかしどうにもならなかった。

17日に行われた日韓防衛相会談においてもGSOMIA破棄については
日本側が全く譲歩せず平行線で終わった。

11月22日をもってGSOMIAは終了する。

文在寅に残された時間は少ない。
「日本がウリナラを切り捨てるというのならそれを理由に堂々とレッドチームに入れる!」

文在寅はまだ気づいていなかった。
いや、気づこうとしてこなかったのだ。
中国からも韓国は要らないと考えられていることを。

文在寅は走り続ける。

・・・というわけでここまでノリで書いたんですが、
11月22日ってもう今週金曜日なんですよね。
過大な自己評価によって勝手にチキンレースを仕掛けているつもりになっているのですから笑えます。

今の韓国を取り囲む情勢というのは

日本「まずは約束守ってね。それまで日本は何もしないから」
米国「散々うちのメンツを潰してくれたからな。お前んとこ切り捨てる準備するわ」
中国「うちの主要産業と全部かぶってるし、技術ないからイラネ」
露「ただのお荷物だもん。いらねーわ」
北朝鮮「文在寅が無能すぎて役に立たねーんだもん。イラネ」

自称・外交の天才、文在寅の外交の成果が四面楚歌。

このまま突っ走れば韓国が勝手に自滅するだけ。
朝日新聞が日本と韓国は共闘しろとか必死になるわけですよ。

お次はうれしそうに後から安倍総理を撃つ
いつもの石破茂の記事から。

【桜を見る会 「首相は記者会見で丁寧に説明を」 石破元幹事長】
「桜を見る会」をめぐる説明について、自民党の石破元幹事長は、安倍総理大臣は国民の理解を得るためにも記者会見の場を設けて、もう一度丁寧に説明することが望ましいという考えを示しました。

総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり安倍総理大臣は15日、およそ20分間、記者団の取材に応じ、会の前日の夜に開かれた懇親会を含め、費用はすべて参加者の自己負担であり法令違反にはあたらないという認識を示しました。

これについて、自民党の石破元幹事長は東京都内で記者団に対し、「前夜祭がどうしたこうしたという話は国会でやらなくても、メディアに質問を準備させたうえで、きちんと回答を用意して答えればいい」と述べました。

そして「一国の総理が国民に説明するのだから、質問する側も答える側も十分な用意があることが大事だ」と述べ、安倍総理大臣は国民の理解を得るためにも、記者会見の場を設けて、もう一度丁寧に説明することが望ましいという考えを示しました。

そのうえで石破氏は「いろいろ言われていることについては『法律的に違反ではありませんよ』と示せばいい。そんな難しいことではないと思う」と述べました。
(2019/11/17 NHK)

いつもの石破茂です。
安倍総理を引きずり下ろすことができれば
次は俺だと思っているので尚更なんでしょう。

防衛大臣だった時に起きたあたごの衝突事故の際は
マスゴミの世論誘導目的の話に乗っかって
部下であるはずの自衛官を守るどころか犯人扱いし、
その後も謝罪等一切していない。

石破派所属の議員が野党に甘すぎる自民党の国対政治に苦言を呈し、
自民党議員にも質問時間を確保してほしいと直訴するも
石破茂はこの発言を批判し
自民が野党を一方的に甘やかすべきだというマスゴミの論調に乗っかる。

いつも評論家然として話し批判するが
「では石破さんなら?」
と振られるとなんだかんだ言い訳を並べて回答から逃げる。

こんなのが総理大臣にふさわしいといまだに石破派として
支えている議員達はテレビしか見ていないのでしょう。

韓国ではないのですから、
相手を批判すれば自分の優位性をアピールできるなんてことはありません。

本当に底の浅い政治家です。

お次は昨日採り上げた朝日新聞と繋がるような共同通信のフェイクニュースから。

【在日米軍の駐留経費負担4倍増要求と米報道】
 【ワシントン共同】米外交誌フォーリン・ポリシーは15日、複数の米政府関係者の話として、トランプ政権が日本政府に対し、在日米軍の駐留経費負担を約4倍に増やすよう要求していると報じた。
(2019/11/16 共同通信)

この共同通信のフェイクニュースに対して産経の記事から。

【政府高官、在日米軍経費負担「4倍要求」報道を否定】
 7月にボルトン米大統領補佐官(当時)らが来日した際に、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を現在の約4倍に増やすよう求めたとの米誌報道に関し、日本政府高官は16日、「(ボルトン氏らは)求めてきていない。交渉はこれからで、まだ始まってもいない」と述べた。

 在日米軍駐留経費の日本側負担は、日米が5年ごとに見直す特別協定で決まる。現行の協定は令和2(2020)年度末に期限を迎える。3(2021)年度以降の協定の改定交渉は来年行われる。
(2019/11/16 産経新聞)

共同通信の記事を受けて、
すぐに時事通信が「複数の関係者が明らかにした」と同様の記事を書いていました。

トランプ政権が日本に在日米軍の費用負担を何倍増で要求するというのは
今年の7月にも朝日新聞が流していたフェイクニュースです。

当時は「韓国に5倍要求するのなら日本にも要求するだろう」と
その程度の憶測で記事をドヤ顔で出したのだろうと思いますが、
日米双方にあっさり否定されました。

今度は共同通信がソースに責任を持たずに済むように伝聞で報じ、
すぐさま時事通信が複数の関係者がリークしたことにして記事にしました。

報道を名乗ってこれでお金を取っている彼らですが、
裏取りをしなくて伝聞で書けばいいのですから実に楽な商売ですね。

で、昨日紹介した朝日新聞の記事とリンクさせるとこうなります。

共同通信「米国の外交専門誌によると」
時事通信「複数の関係者によると」

共同&時事「「米国が日本にも駐留費用4倍増で要求している」」

朝日新聞「理不尽な要求をして国際秩序を怪しくしているのはトランプ政権だ。日韓で共闘して米国に対抗すべきだ」

やはり日本には戦後すぐに廃止された
(GHQにとって情報統制に都合が悪かったんでしょう)
新聞紙法を復活させ

「誤報についてはその誤報に使った紙面と同じかそれ以上の紙面を割いて訂正報道をすること」

という至極まっとうな規定を適用すべきだと思います。

日本のマスゴミはいくらデマを流しても一切責任を取らなくていいのでやりたい放題ですからね。

お次は朝日新聞の記事から。

【「全国首長九条の会」を結成 現職の首長ら131人賛同】
 憲法9条の改憲に反対する自治体の首長らが17日、「全国首長九条の会」を結成し、東京都内で集会を開いた。改憲発議に反対する取り組みや改憲反対の署名運動を進め、全国にある7千を超える九条の会とも連携するという。

 会には現職や元職の首長131人が賛同しているといい、共同代表には松下玲子・東京都武蔵野市長や武村正義・元滋賀県知事、井原勝介・前山口県岩国市長ら8人が就任した。

 集会には支援者も含め約250人が参加。千田謙蔵・元秋田県横手市長は「戦争を知らない若い人が増え、国会議員にもなっている。戦争を知っている私たちが声を上げよう」と話した。「自衛官募集業務の強要は、国と地方は対等・協力の関係にある地方分権の原則を踏み外した判断」「沖縄・辺野古の米軍基地建設も憲法と地方自治をないがしろにしている」といった指摘もあった。

 安倍晋三首相は9条について、戦争放棄や戦力不保持を定めた項目はそのままにし、自衛隊の存在を明記する項目を追加することを提案している。こうした改憲をしても自衛隊の任務や権限に変更が生じることはなく、国民投票で否決されても自衛隊は合憲だと説明する。(西村奈緒美)
(2019/11/17 朝日新聞)

ある意味でわかりやすい
「特定アジアの手先とデュープスの人達」
という目印として見ればいいでしょう。

数を水増しするために元職も大量に集めているところも特徴ですが、
細川内閣時代に米国から北朝鮮のスパイだと名指しされた事で知られる
武村正義もしっかり入っていますね。

繰り返しになりますが日本国憲法9条は
日本国憲法の前文にうたわれる精神や国としての生存権を否定するような内容であり、
日本国憲法第9条こそ憲法違反であると言って差し支えないでしょう。

米国としては日本を植民地にするために
日本が反撃できないように縛ることが目的で作った無茶苦茶な条文ですから、
こんなものを後生大事に守る理由など全くありません。

そしてGHQの当初の狙いどおりに
「日本を食い物にしようとする国を日本から守るための条文」
としてずっと機能し続けています。

ですので9条を守れと言っている人達は
特定アジアのスパイ、もしくはデュープスと見なして問題ありません。

~人気ブログランキングに参加しています~
良ければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治
茶請けをフォローする
パチ倒応援ブログ

コメント

  1. 今週末、ワタシは仲間内でGSOMIA破棄の記念パーティーをする予定です。韓国料理でも食べるとするかな。

  2. >「日本を食い物にしようとする国を日本から守るための条文」
    ↑ 分かりやすいですね。
    さらに「憲法学者」なる輩も、その筋から援助を得て、
    大学等で「如何に相手を言い負かすか」を学び、
    屁理屈捏ねくり回して広義での「声闘(ソント)」に勝つ為の要員の様な物でしょう。

    >前回までのあらすじ
    ↑ 凄いっすねw
    ば韓国にとって、歴史ファンタジーなら良かったのにw
    これは物語では無く歴史ヒストリー…「現実」ですから。
    連中には、やはり安倍政権は「悪夢」なのでしょうねw
    日本にとって「悪夢」は、連中にとって「パラダイス」
    日本に利する「現実」は、連中にとって「悪夢」
    日本国内で政権批判する勢力も同様…お里が知れる。

    >いつも評論家然として話し批判するが
    「では石破さんなら?」
    と振られるとなんだかんだ言い訳を並べて回答から逃げる。
    ↑ あれ?「安倍ガー」の人に「じゃあ誰なら良いの?」と聞くと同じ反応w
    狂惨党インみたい。

    >日本のマスゴミはいくらデマを流しても一切責任を取らなくていいのでやりたい放題ですからね。
    ↑ ミンス系議員も同様です。お里が知れる。
    最近のパヨクマスゴミフェイクネタ、
    底が浅いのか、流した途端、秒殺されてる感アリアリですね。

    プレミア12で日本が世界一になったのに
    何故か静かなマスゴミ。ば韓国が負けた事が余程悔しいのか、
    Z日が気を使ってるのでしょうか。

    沢尻サマ、またまた犬HK大河ドラマと絡んでたりとか。
    ヤク中や反社会的人間しか出演してないみたいですね。
    ヤクを買う資金は、受信料>>ギャラとして支払われます。

  3. >朝日新聞が日本と韓国は共闘しろとか必死になるわけですよ。
    . この角度

    >部下であるはずの自衛官を守るどころか犯人扱いし、
    その後も謝罪等一切していない。
    . この生き様

    >そしてGHQの当初の狙いどおりに
    「日本を食い物にしようとする国を日本から守るための条文」
    としてずっと機能し続けています。
    . このカタチ

    日本と呼ぶにはほど遠く。
    毎日の深掘りに感謝です。

  4. >・・・というわけでここまでノリで書いたんですが、
    ((´∀`))w

    いや、でも的を得ていて素晴らしい!
    顔真っ赤メーターが降り切れてるんじゃないかと思います。(笑)

    >朝日新聞が日本と韓国は共闘しろとか必死になるわけですよ。
    ほんと気持ち悪い!
    でもね、笑い事じゃないんですよ!
    先の忌々しい大戦はこんなのに騙されて日本人が300万人以上殺されたんですからね!

    そして日本の学校でもとんでもない嘘の歴史を洗脳していて、私が子供の頃とは比較にならないほどに日本が悪いと教え込まれているようです。

    冷静に考えれば日本はとても危険な状態です。
    こらからこそ気を引き締めて拡散が必要だと思いますね。

    >9条
    現在の日本国憲法は欠陥憲法なのは明らかです。
    そして、私も含めて多くの人がどこが欠陥なのか?ということを自分で考えている段階に到達すらしていないということは、非常にまずいな!と感じます。

    専門家じゃないのだから完璧である必要な無いのです。でも、自分なりにできる範囲で何が欠陥なのかを発言できるくらいにはならないと、良い結果にならない様な気がしますね。

    そしないと、石破茂のような理想論だけで実は邪魔するような輩に騙されてしまいます。

    理想と現実は違います。
    結果を出さなければ何もなしえなかったのと同じです。

    日本人の癖として、できるだけ穏便済ますという振る舞いがあります。
    でも、それは「まともな日本人同士だけ」にしか通用しないんです。
    だから、石破のような輩も生き残れたり、特定アジアに取り込まれるような輩がいるのではないでしょうか?

    でも「いざ!」というときはきっぱりお断りする必要があります。
    今はその「いざ!」なんじゃないかと思いますね。

    さて…
    あまり盛り上がらなかったみたいだけど…
    侍ジャパンはよくやってくれましたね!
    おめでとう!そして、ありがとう!

    おいらも頑張らないとなぁ~…
    ぱよぱよち~ん!

  5. いつも愛読しています。新しいウェブサイトになって、初めてコメントします。
    Dupes(騙されやすい人、間抜けな人を指す英語。特に、共産主義者でも無く、共産党員でも無いのに結果的に共産党やソ連と同様の主張をしてしまい意図せず共産主義者の味方をしてしまう人たちWikipediaより)日本にはたくさんいますね。
    林千勝『近衛文麿』ワック、江崎道朗『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』PHP研、さっそく取り寄せて勉強します。

  6. 今から76年前の本の記述にそっくりな展開ですね。
    愛宕北山著『猶太と世界戦争』P154・155(コマ番号96)
    国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438981

    国際デマ宣伝の例として、1914年にオランダのアントワープがドイツに占領されたときの新聞報道を挙げよう。
    ドイツのケルン新報
    「アントワープの占領が周知となるや、教会の鐘が鳴った。」
    フランスのル・マタン紙
     「ケルン新聞によれば、アントワープの僧侶達は城塞占領後教会の鐘を打つように強制された。」 
    翌日のイギリスのタイムズ紙
    「ル・マタン紙がケルンから聞いた所によると、アントワープ占領後鐘を打てとの命令を拒んだ僧侶達はその職を追はれた。」 
    イタリアのコリーレ・デラ・セラ紙
    「タイムス紙がパリを経てケルンから聞いた所によると、アントワープ占領後鐘を打つことを拒んだ憐なベルギー僧侶達は強制労働を課せられた。」 
    再びル・マタン紙の結末
    「コリーレ・デラ・セラ紙がロンドンを経てケルンから聞いた所によると、アントワープの野蛮な占領者は、教会の鐘を打つ命令を拒んだ憐なベルギー僧侶達の英雄的行為を罰するため、彼等を生きた鐘鐸として頭を下に鐘に吊り下げた。」 

    筆者は「平和の敵は新聞」と喝破しています。この本は、後に東北大学名誉教授になったドイツ文学研究者の奥津彦重氏が愛宕北山というペンネームで著したもので、昭和13年から昭和17年までの論文を集めたものです。この論文の中で特筆すべきは、昭和13年の段階で米英との大東亜戦争を1941年と予測し、開戦当初からソ連の参戦も的確に予測していたことです。

  7. 平和の敵は新聞。って言い得て妙ですね。

    >「・・・それでも!それでも日本もタダでは済まないハズだ!」
    文在寅は日本への経済制裁に手応えを感じていたはずだった。

    これはどうなのでしょう?従北派の大統領なら、仕事しているフリして、北のために南を北並みの水準に落とす事くらいはするのでは?
    つまり意図的に韓国を不況にしていたのでは?
    ゴミンスが超円高にした日本のように。

  8. 今日朝のTBSラジオで,どっかのコメンテーターが「世論調査で次の総理大臣は誰が良いという質問に,石破氏が最も高い回答を集めていた」って嬉しそうに言ってましたね。何でも,前回は17%だったのが今回は24%になって,2位の小泉進次郎と3位の安倍晋三を上回ったらしいです。ま,アンケだし,それが何?って感じに聞いてましたけど,メインキャスターも嬉しそうでしたね。森本毅郎さんですが。

  9. いつも啓蒙してくださり、ありがとうございます。学生時代、憲法前文を暗記することばかりに捉われていました。バカ、バカ、バカ、自分の頭で考えないと。でも、日本国憲法を疑うなんて、あー、情弱だったころ、恥ずかしい。あの頃大学の教授もみんな左巻きだったもんなー。朝日新聞取るのがインテリだって、死にたいー。

  10. 主さま
    スレチご容赦
    バ韓が、りゅうぐう計画にちょっかいを出すそうです。
    「ガセねた」と考えたいですが、本当なら手引きした黒幕は、外患罪適用可能ではないですか?

  11. 法令全書. 明治42年・新聞紙法
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/788064/111
    (国立国会図書館デジタルコレクション:pdfファイルで保存可能)
    読むと面白き哉。

    ダウンロードする場合は、その他の法令も含めてなので、2~3分程ダウンロード画面が変化しませんが、待っていればちゃんとダウンロード出来ます。
    ちなみに、提示したURLの末尾「111」が国会図書館サイト表示でのコマ数になります。
    まずは、見て頂きたいです。

    ※記事に関する感想・意見は割愛w

タイトルとURLをコピーしました